WHOと日本政府、6台の最先端MRI機器でイラン医療システムの弾力性強化 – イラン(イスラム共和国)

1 min read

2023年11月1日、イランイスラム共和国テヘラン – 世界保健機関(WHO)は、日本政府が多額の資金を支援した最先端磁気共鳴映像(MRI)装備6台がイラン病院に成功的に設置されるプロジェクトの頂点を本日発表しました。 この計画は、イスラム共和国の医療システムの診断能力と回復力を強化し、最終的に患者の治療の全体的な質を向上させる上で重要な進歩を意味します。

最先端の1.5 Tesla MRI機械は、イラン保健医療部が指定した主要な委託病院に戦略的に配置されました。 受益病院はセムナンのコサール病院です。 Hajar病院、Shahrekord; パスツール病院、Bam; 12 Farvardin病院、Kahnooj; イマムアリ病院、Andimeshk; とNeyrizのShohada病院。 イランイスラム共和国のコロナ19危機に対する健康力強化のためのプロジェクトの枠組み内で6台のMRI機器を提供することで、今や全国のより多くのコミュニティが重要な医療映像技術にアクセスできるようになり、患者が医療映像技術にアクセスする必要がなくなりました。 診断サービスのために長距離を旅行します。

病院や周辺地域の環境安全と保護を確保するため、環境評価を行った。 すべての問題は直ちに解決され、MRI機器の設置が最も高い社会的および環境基準を満たすことを保証しました。

6つの病院の医療専門家は、最先端の撮像装置の操作方法について包括的な教育を受けました。 この教育により、医療スタッフはMRI機器の可能性を最大限に活用し、正確な診断と疾患の早期発見を可能にしました。 この新しく発見された機能は、患者の結果を大幅に向上させ、イランの医療システムに貴重な支援を提供します。

「日本政府の寛大な貢献は、指定病院の医療映像能力を強化するだけでなく、最先端の診断サービスへのアクセシビリティを向上させ、国全体に利益をもたらします。 WHOイランと日本政府との協力は、国際パートナーシップが医療インフラに与える可能性のある肯定的な影響を示しています。

フセイン博士は「イラン医療システムの回復力を強化するための日本政府の支援に深く感謝します」と強調しました。 「このMRI機械は、イランイスラム共和国の診断能力を大幅に向上させ、国民により時宜を得た正確な医療サービスを提供します。 私たちは、このWHOと日本の共同プロジェクトが、イランの貧困地域に住むアフガニスタン難民を含む、イランイスラム共和国の脆弱な層の健康と福祉に継続的な影響を与えると信じています。

「日本はイランにコロナ19ワクチンが切実に必要なときに430万回分のコロナ19ワクチンを寄付し、イランの医療状況を支援しました。 脆弱な層に医療サービスを提供する病院に医療機器を提供することも、私たちの協力のもう一つの例です。 私はそのような協力がイランの国民の健康を向上させると信じています。」

この計画は、イランの医療システムの発展のマイルストーンを示すだけでなく、国際協力が緊急の医療ニーズを解決するのにどのように役立つかを示す強​​力なケースでもあります。 このようなMRI機械の設置は、医療サービスの改善と病気の早期発見に向けた重要な進展を意味し、最終的に皆のための健康(Health for All by All)という地域ビジョンに貢献します。

READ  オペレーター:福島水の放出による影響を最小限に抑える
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours