エンターテインメント

WHOは、日本の感染の減少を強調するが、ゲームを続けて監視します。

ジュネーブ、6月21日(EFE)。 – 世界保健機関(WHO)は、月曜日、日本のコロナ19事例が現在の低レベルだが、オリンピックの観客の可能性のために、日本当局に連絡を取り合うすると発表した。

「私たちは、オリンピックに関連する診断、追跡、身体の通り、換気およびその他の措置に関連して取るべき措置を分析するために、今週の会議を継続開催することです。」とWHO保健緊急担当ディレクターであるMike Ryanは言い。 記者会見。

アイランドの専門家は、日本の病気の発生率が国際スポーツ大会を主催する国より相対的に低く、さらに低いました。 Ryanは、どの国に言及しなかったが、ブラジルはCopa Americaを主催していくつかのヨーロッパの都市でEuropean Cup試合を主催します。

「ここ数週間の間に、日本の発生率は、百万人に80人に達しました。 この数字は、米国で3倍、ブラジルで30倍、英国で11倍、ロシアで9倍高くなります。」と彼は言いました。

日本の当局は、一部の専門家の反対勧告にもかかわらず、国民が東京オリンピック競技場に参加することを発表しました。 それまで実施された医療緊急事態は、月曜日首都圏とその他の地域で停止した。

READ  「鬼滅の日」公開16日動員1000万人突破 - シネマ:日刊スポーツ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close