エンターテインメント

WHO:試合中コロナ19の制御に最善を尽くす、日本| お

WHOは金曜日、日本が東京オリンピック期間中にコロナ19の拡散リスクを最小限に抑えるために最善を尽くしていると発表したが、リスクがゼロということはないと強調した。

世界保健機関(WHO)の警告は、日本が東京でウイルス緊急事態を延長し、この措置を4つの地域に拡大した中で出てきた。 伝染病に延期されたオリンピックの週の間に記録的な感染急増に対抗している。

テワードロスアドハノムてブラシ麗水スWHO事務総長は、国連保健機関、ジュネーブ本部で開かれた仮想の記者会見で、「リスクがゼロであることはない。危険はより少ないかより多いことができる。その後、リスクが低い状況で最善を果たす」と述べた。

日本と国際オリンピック委員会(IOC)は、「誰もリスクがゼロであると期待してはいけないので、リスクを最小限に抑えるために最善を尽くした」と述べた。

テワードロスアドハノムてブラシ麗水ス、世界保健機関(WHO)事務総長が2021年7月23日、東京オリンピックスタジアムで行われた2020東京オリンピック開会式に出席するために到着している。

“私は、彼らが最善を尽くしたことを知っており、私たちはそれらを常にサポートしました。」

日本全域で木曜日に初めて新しいウイルス事例が10,000件を突破し、一連の政府の管理と健康の専門家は、より伝染性の強いデルタ亜種が危険な急増をあおっていると警告しました。

Tedrosは、オリンピックの開会式に行った東京でIOC演説もしました。

金曜日に彼は元世界が伝染病を終息させるために団結のオリンピック精神を引き出すことを促しており、彼のIOCスピーチは、オリンピックをメッセージを伝播する最大のプラットフォームとして使用することを目的としたました。

道徳的に「間違った道」

「一部の国ではすでに70%であるのに対し、アフリカでは1.5%の予防接種を本当に受け入れるのですか?」 彼は言った。

「世界が実際に道徳的に、力学的に、経済的に間違ったことをしているという事実を知らせるために、オリンピックのようなプラットフォームを必要としませんか?

「私たちは、間違った道を進んでおり、それを正すために、オリンピックの精神を使用する必要があります。 “

彼はマスクを着用しているオリンピック聖火ソンジャのイメージが近づく世代のための流行を世界に上記させると述べた。

「それは私達が危険なウイルスに人質に取られている非常に困難な状況では、この仕事をしていることを示します。しかし、同時にそれは私に反撃するという決意を示しています。」

マイケル・ライアンWHO緊急局長は、オリンピック組織委員会とIOCが強力な監視、選手と代表団の定期的なテストは、検疫と隔離を介して総合的なリスク管理措置を講じたました。

ライアンは「このファンデミクの真の同人は、オリンピック競技ではなく、ワクチンの流通と可用性において、私たちが持っている深い不平等と実際に関連がある」と述べた。

彼はオリンピックがフェアプレーに基づいており、テワードロスの東京訪問は、いくつかの国で「非常に不当な、非常に不公正な」打撃を与えているコロナ19と戦うためのワクチンの配布に関連して、世界が同じように促すためのもの言いました。

READ  第二にSarah Geronimo、ASEAN-Japan Music FestでPH代表

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close