経済

WHO:デルタウイルスの亜種が74個の経済を襲った

世界保健機関(WHO)は、インドで初めて確認されたデルタとして知られてコロナウイルスの亜種が現在74の国と地域で発見されたと明らかにした。

WHOは火曜日に、最新の週間COVID-19力学の更新を発表しました。

この報告書によると、火曜日、現在のデルタの亜種に関連する事例を報告する国、地域と地域の数が前週より12増えました。

先月WHOは最初に発見された国に対する差別を防止するためにギリシャ語のアルファベットの文字にコロナウイルスの亜種を識別し始めました。

WHOはまた、英国で確認されたアルファの亜種を報告し、国と地域の数が1週間前から161個に増加したと明らかにした。 南アフリカで最初に発見されたベータ変種に関する数は2個に増加しました。 115。

このレポートは、ブラジルで初めて確認されたガンマ変異が報告された国と地域の数は64個に変わりはないと明らかにした。

WHOは、世界の事例と死亡率が減少を続けている一方、アジアとアフリカの一部の国では前週に比べて増加したと明らかにしました。

亜種の拡散を抑制するためにあり、コミュニティ全体のウイルス対策措置を実施することが依然として重要であると言います。

READ  ★今日の[강추 결산]Bガレージ、リッツピープル(12月3日) - 週乗車

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close