Tech

Windows 10のユーザーの90%近くが更新せず、既存のビルドを継続して使用していると明らかに – GIGAZINE



Webトラフィック分析企業のstatcounterによれば、2020年7月で、Windows 10が77.74%の市場シェアを握っています。 また、Windowsユーザー73.05%このWindows 10を使用していること。 ただし、Windowsストアアプリのプロモーション企業のAdDuplexは、Windows 10のユーザーが使用しているビルドの割合を発表し、記事作成時点での最新のWindows 10 2020年5月更新(バージョン2004)を導入している人は全体の10%程度しかないことを発見しました。

2020年7月AdDuplexレポート
https://reports.adduplex.com/#/r/2020-07


AdDuplex調査は、同社のSDKを使用するWindowsストアアプリ5000で収集されたデータに基づいて、約13万4000台のWindows 10ベースのPCを対象としています。 このデータによると、調査によると、2020年5月にリリースされたWindows 10 May 2020 Updateの使用率は11.6%。 つまり、Windows 10を使用している人の90%近くが、最新のビルドに更新していないということです。


最も多かったのは2019年5月下旬に正式発表されたWindows 10 2019年5月更新(バージョン1903)で使用率は43.6%。 次に多かったのは2019年11月中旬にリリースされたWindows 10 2019年11月更新(バージョン1909)で使用率は36.8%であった。

そしてWindows 10の正式リリース2020年7月に至るまでの各ビルドの使用量を可視化したグラフが次の。 縦軸が使用率で、横軸は時間がされています。 比較的初期のビルドは、発売直後から普及が広がっているが、2020年10月初めにリリースされたWindows 10 2018年10月更新(右から4番目の線)で普及率が急落しています。


Windows 10 October 2018 Updateは、ドキュメントフォルダのユーザーデータが勝手に消してしまう問題が発生して、一時的に受信拒否されました。 最初のリリースでは、1週間後に修正版が配布されたが、再びデータ消滅の問題が浮上してユーザーから多くの批判を受けた。 これは、Windows 10のユーザーが更新を控える傾向が生じたと思います。

ユーザーデータが勝手に削除される重大な問題を受けて、「Windows 10 October 2018 Update」が受信拒否に – GIGAZINE


この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
Microsoftは、Windows 10の新しいスタートメニューを発表 – GIGAZINE

Windows 10用の公式ファイルの復元ツール」Windows File Recovery」 – GIGAZINE

Windows 10で、その「Windows 3Dピンボール」を無料で遊ぶ方法 – GIGAZINE

今日は毎月開催される「Windows Update」の日 – GIGAZINE

「WinRAR」のWindows 10にインストールが一時的に不可能な状態に – GIGAZINE

Microsoftが人気PC最適化ツールであるCCleanerを「潜在的に不要なアプリケーション」として分類している – GIGAZINE

READ  ASUS直下型ミニLED 32インチプロ用4K / HDRディスプレイ - AV Watch

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close