経済

Windows 10 October 2020 Updateでも日本語IME周りの問題が解決? Microsoftからの解決策を提示

解決方法です。 May 2020 Update以降Microsoft IMEの設定は、Windowsの設定に統合されているので、そのIMEを使用しているユーザーは、IMEの設定の「一般」ページなどで、以前のバージョンを使用するを選択すると怪我をしないように

Microsoftが公開したWindows 10 October 2020 Update(20H2)の既知の問題でMay 2020 Updateでも問題となっていた日本語と中国語IME周りの問題が依然として残っていることが明らかになった。

欠陥の内容「KB4564002」によると、日本語と中国語のIMEを使用する環境では、次の問題が存在する。

  1. 特定のImeModeプロパティを使用し、アプリケーションで問題が発生して、入力モードが自動的に漢字やひらがなに変換されない
  2. Excelなどのアプリケーションで日本語や中国語IMEを使用すると、エラーが発生したり、アプリケーションの応答なし
  3. ImmGetCompositionString()関数が予期せず全角ひらがなを返し
  4. IMEmodeが有効になっている場合でも、Windows Forms(WinForms)アプリケーションのDataGridGViewを使用すると、入力された最初の文字が英語でされている
  5. 入力オプションが制限されているフォームなどで入力することができません
  6. SetInputScope()APIを使用して、アプリケーションの変換モードを変更または設定している場合は正常に動作し
  7. テキストボックスを選択して、ImeModeプロパティが無効になっている場合、日本語IMEを使用すると、タスクバーの右側にあるImeModeインジケータに誤ったモードが表示され

このうち1は、7月に配信されたパッチ “KB4565503” 2と4は、9月に配布されたパッチ “KB4571744″修正されましたが、3/5/6/7は、継続調査中であるとされており、これがOctober 2020 Updateでも変更されていないように見える。

一時的な回避策としては、設定で「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使用する」チェックボックスを入れることで解決できるとがMicrosoftは、この設定を長期間使用することをお勧めしません、あくまで問題が発生した場合、一時的な回避策として提示してている。 恒久的な措置は、今後のアップデートで提供する。

もっとも、これはあくまでもWindows 10に含まれているMicrosoft IMEを使用した場合の問題でGoogle日本語入力とATOKのようなサードパーティ製の日本語入力ソフトウェアを使用している場合は、この問題は合わない。

READ  ASCII.jp:[저렴한 스마트 폰 정리]「Pixel 5」「Pixel 4a 5G」を発表楽天で注目の小型端末「Rakuten Hand "

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close