理科

WKU学生は、日本で3年目をサポートするために奨学金を授与されました – The Herald

Jayden ThomasはDance Dance Revolutionが好きです。 もともと日本で紹介された有名なアーケードゲームは、トーマスが若い年齢で文化についてもっと学ぶようにインスピレーションを与えました。 その影響があまりにも深くWKUに留学する機会が来たときにThomasは、大学生活をほぼ2年間、日本で送っています。

政治学と国際問題を専攻する先輩であるThomasは、今後年に集中的な言語の勉強をサポートするために、最近David L. Boren奨学金を受けました。 今年の秋、日本に戻る予定です。

国際教育研究所は、国家安全保障、教育プログラムを代わりにして学部Boren奨学金を授与して、米国の関心に重要な世界の地域で海外留学を通じて、学生の教育に重要な国際的な言語要素を追加します。 1994年以来、7,000人以上の学生がBoren Awardsを受賞し、連邦政府機関の重要な任務を支援する職業に重要な技術を貢献した。

柔軟な海外留学プログラムは、ThomasがWKUで学士号を取得するに選んだ理由の一つでした。

「多くの日本のゲームが私を興味深くしました。」Thomasが言いました。 「加齢に応じて、日本のますます多く知り、その文化とそのようなものには本当に興味を感じました。 私はいつもそこに私は行きたいと思っところだと自分自身に言う。 “

トーマスは、大学に行った時、日本語を学び始めました。 2018年には批判的言語の奨学金に選ばれ、初めて日本に行った。

トーマスは、「一学期だけ留まった学期のみをサポートしようとしましたが、とても良かった。 「元に行った時は、長い離れることを恐れていたようで帰る準備ができていません。 クリスマス期間中に家族と離れて必要があるという考えは、慌てだったが楽しい時間を過ごしていたので、追加の学期を延長することを決定しました。」

トーマスが日本で経験した経験は、彼が彼のキャリアパスを変えたいということをわかることができました。

トーマスは、「私は国務省で外務大臣になりたかった。 「私は反対することに決めた理由は、彼らが多く動くからです。 彼らは約2年間の任務を引き受けたが、他の場所で新しい言語を使用したほうがよいでしょう。」

日本の文化や歴史についての知識が大きくThomasは彼を追求したいキャリアパスに変わる不思議な関心を発見したと言います。 Thomasは、連邦政府の核兵器産業を取り巻く複雑さを探求することを計画します。

トーマスは、「日本は核兵器と核エネルギーの影響を経験した唯一の国であるため、非常にユニークな視点を提供しています。 「彼らは、エネルギー省と国家核安全保障局の一部の役職を務めています。 今、彼らは核兵器に関連する問題を扱う担当者を持っているので、それが私の主な関心事です。 “

トーマスは、コロナ19に最後の日本旅行で早く家に帰ってきたため、大流行以来、初めて日本を訪問することになる。

トーマスは、「正直に、日本から帰ってきた時に好きだったので、本当に嬉しいです。 「私は心痛しました。 知っていたが、日本に帰るチケットと同じだった、本当にしたかったことでした。」

デジタルニュースの編集者Debra Murrayは [email protected]。 ツイッター@debramurrayyで彼女をフォローしましょう

READ  火星の「グランドキャニオン」のこの息をのむようクローズアップは、私たちに恐ろしい音を出します

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close