スポーツ

Woeful 75は、SasoをChevronゴルフコンテストからエクササイズの直前まで送ります。

マニラ、フィリピン – Yuka Sasoは大きな爆発はなく、晴れた天気と穏やかな条件で大きな時間を過ごしました。

このように、サソはエリートの分野の深いところでシェブロン選手権の週末の試合を見逃す危険にさらされた。

世界4位オーストラリアのイ・ミンジは、Dinah Shoreトーナメントコースで6つのバディを記録し、アメリカのJennifer Kupchoは11位から4つのバディを追い出し、66打を打ち上げ、ディフェンディングチャンピオンのPatty Tavatanakitを1次に進めました。

昨年、メジャー大会でキウイ・リディア・コ(Kiwi Lydia Ko)を2次に勝ち、メジャー大会優勝を獲得したタイ人は、2つのビューを相手に7つのバディを獲得し、両9ホールの最後の3ホールで2つのバディを記録し、67打った。 。

また、15番ホールでビューで3位のTavatanakitに加わり、68打を記録して序盤競合に出ました。 他の4アンダーの得点は、スウェーデンのAnna Nordqvist、ドイツのCaroline Masson、Aussie Gabriela Ruffels、イングランドのジョージアホール、Pajaree Anannarukarnでした。 、またタイ。

一方、115人のフィールドで共同90位のSasoは、カリフォルニアランチョミラージュで開かれたシーズン初のメジャーチャンピオンシップで少なくとも上位70位以内に入るための希望を育成するために金曜日第2ラウンドで得ることができるすべてのストロークが必要になるでしょう。 。

予想カットオフスコアはワンオーバーです。

最後に、メジャー大会を開催するDinah Shoreでの不安定なスタートと同じように不安定な仕上げのおかげで、20歳のUS Women’s Openチャンピオンはトーナメント前の競技者の1人から1人に変わりました。 彼女がメジャーチャンピオンシップモードに入るために多くの努力をしたイベントの小さな照明。

しかし、彼女はレイアウトの長いホールでキャッシュインに失敗し、4つのパー5ホールのうちの1つを除いてすべてを見ました。 これには、後部に2つと彼女のフィニッシングホール(9番)が含まれます。

彼女は自分のパワーを誇示し、308ヤードの運転基準を破り、4つのフェアウェイを逃した。 しかし、彼女は7つのグリーンを見逃して33のパットを記録するなど、ショートゲームで苦労しました。

11番と14番のビューはバックサイドスタートを妨げ、15日にはストロークをしたが18日に再び譲った。 彼女は3番ホールで別のビューを埋め込んだ2つのバディに少し回復したが、パー3番ホールである8番ホールを含む連続ビューに穴を開けました。

サソのパートナーであるアメリカのステイシー・ルイスは73打を打った。

世界1位のコ・ジニョンも先週JTBCクラシック優勝者であるタイのアタヤ・ティティクルと共同1位に上がり、バディのない74打で予想カットオフスコアを下回った。

しかし、他の奇抜な賭けは、アメリカのレクシ・トンプソンと日本のHinako Shibunoが69を、韓国のキム・セヨン、キム・アリムとキム・ヒョジュ、フランスのCeline Boutierが同じ70を、日本のNasa HataokaとAyaka Furueとともに初期ミックスに入りました。 、Dane Nanna Madsen、Thai Ariya Jutanugarn、スウェーデンのMadelene Sagstromも同様の71を記録しました。

READ  大阪の「消えた球場」...野茂も投げた "藤井寺球場「今は何がありますか? 「最後の近鉄戦士 "を知っている16年前のその日 - プロ野球 - Number Web

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close