エンターテインメント

World Rugby Sevens Challenger Series 2022で注目すべき人

今月末、男子12チームと女子12チームがチリ・サンティアゴに到着し、本選進出を希望します。 HSBCワールドラグビーセブンスシリーズ2023 コアチームとして。

シリーズの2桁(男性と女性)がEstadio Santa Lauraで勝者を獲得します。 ワールドラグビーセブンスチャレンジャーシリーズ2022

COVID-19 大流行で2020年以降初めて復帰するワンタイムイベントを控え、チームの勝利にインスピレーションを与えることを目指す7人の選手を見ていきます。

ディエゴ・ウォーケン(チリ)

開催国チリは、2023年シリーズの中核チームとして位置づけるために男子チャレンジャーシリーズに進出しています。

韓国、パプアニューギニア、ジョージアと対抗するサンティアゴA組から抜け出そうとする彼らの希望は、ディエゴ・ウォルンケンの若い肩にかかっている可能性があります。

20歳の選手は昨年、エドモントンで行われた最新シリーズの試合でロスコンドレスの優れた活躍を繰り広げ、5試合で6回の試合でトーナメントを終えました。

チリは次の週末のチャレンジャーシリーズで最高の活躍を繰り広げ、チームの核心地位を固めるために彼を必要とします。

タンミンリン(中国)

2年前、ハミルトンで開かれた女子シリーズに中国が最も最近出場したベテランです。 プレーオフ9位 スペインとの試合で31-0で勝利したTang Minglinはサンティアゴで重要な存在となるでしょう。

Tangは昨年、東京オリンピックで7位を獲得した選手団の一員でした。

彼女はオーストラリア、フランス、チャレンジャーシリーズのライバル日本との試合を含め、4回ホワイトウォッシュを超えて東京で6回のチーム競技をすべて始めた。

中国は南アフリカ、ケニア、開催国のチリと一緒にDに選ばれた彼女が今月末に最善を尽くすはずです。

ジャックハント(ドイツ)

ラグビーヨーロッパの男性セブンス選手権で最も有力なフィニッシャーの1つであるサンティアゴのディフェンダーは、ジャックハントを注意深く見守ることをお勧めします。

今年のチャンピオンシップで試合得点チャートで2位を獲得したハントは先月、ブカレストで行われたラグビーワールドカップ7人制2022予選でドイツを支援しました。

22歳の選手は、1月にマラガワセビリアで行われたシリーズイベントで10試合に出場し、8ゴールを決め、自分が最高レベルでもカットを達成できることを証明しました。

ハントがサンティアゴでそのストライク率を再現できれば、ドイツはコアチームとしてシリーズ復帰を確信するでしょう。

サロム・カムシング(香港)

10年以上香港男子代表チームの人気メンバーであるSalom Kam Shingは、自分が2年前より一歩進むことを願っています。

2020年、香港はビーニャ・デル・マールとモンテビデオで2位と3位を獲得したのに続き、チャンピオン日本に勝点3点後のチャレンジャーシリーズ2位を占めました。

2010年にシリーズにデビューしたKam Shingは、この2つのトーナメントで6つの試みを記録し、今年のワンタイムイベントに巧妙なスクワッドに名前を挙げました。

9月にすでにRWC Sevens 2022の出場資格を取得しているサンティアゴでの強力な試合は、Kam Shingと香港の両方に時期的に役立つでしょう。

アンナ・クリチョフスカ(ポーランド)

主張ポーランドが1月に招待チームとしてマラガで開かれた女子シリーズトーナメント8強に進出したとき、Anna Klichowskaはチームの最近の怪我に欠かせない部分でした。

守備で強力なKlichowskaはまた、ギャップの目とそれを終了する速度を所有している選手です。 セブンのための理想的な技術です。

マラガ以来、Klichowskaと彼女のチームの同僚は、ラグビーヨーロッパの女性セブンスチャンピオンシップで優勝し、ケープタウンで開催されるRWCセブンス2022の出場資格を獲得しました。

サンティアゴでは、彼らはハットトリックを完成させ、何を仕上げるかを望むでしょう。 彼女は最近World Rugbyで 彼らの「熱心なシリーズプロモーション」です。

長田花(日本)

日本は2018年以来初めて女子シリーズにコアチームに復帰するために入札しており、サンティアゴで開かれるチャレンジャーシリーズの経験豊富なスクワッドを招集できます。

長田奈々さんは、シリーズとオリンピックの両方でプレーしていた選手の一人です。

22歳のディフェンダーは去る4月、ランフォードでメキシコを45-0で破った試合を含め、5試合で4ゴールを入れて自身の潜在力を強調した。

日本は女子チャレンジャーシリーズF組でメキシコと再び対抗し、カザフスタン、コロンビアとも対抗して16強進出権をめぐって対抗することになる。

フィリップ・ウォコラッチ(ウガンダ)

先週のコモンウェルスゲームでは、フィリップ・ウコラッハの56点以上の得点をした選手はいませんでした。 経験豊富なウガンダは、6回の試みと13回の移行で男子トーナメントを終えました。

その試みのひとつは、ウガンダがフルステージでオーストラリアと12-12で打った有名な機会となりましたが、勝負蹴りや勝負蹴りを追加して勝利につながりませんでした。

ウガンダは引き続きコベントリー・スタジアムで10位に上がったが、6試合中3試合で3勝2敗だけを記録し、彼らの活躍に満足するだろう。

その勝利には、同僚チャレンジャーシリーズのチームであるジャマイカとトンガに対する勝利が含まれ、Wokorachと彼のチームの同僚は今月末にサンティアゴで同様の成功を収めたことを願っています。

READ  来年ユニバーサルスタジオハリウッドにスーパーニンテンドーワールドをオープン予定旅行する

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close