経済

WPP、日本最高経営責任者(CEO)で松下恭子(Kyoko Matsushita)選任

ニューヨーク–(ビジネスワイヤー)–WPP(NYSE:WPP)は今日、日本のCEOとしてKyoko Matsushitaの任命を発表しました。 この新しい役割では、京子は日本でWPPのビジネスを担当し、集団能力を強化し、顧客に代わって人と資源を集めます。

Kyokoは、現在12カ国に23の支店を構えているWPPのグローバルデータおよび測定中心のフルサービスメディア代理店であるEssence GlobalのCEOです。 Kyokoは、2014年にAPAC地域の最初のCEOとしてEssenceに加わりました。 この任命により、彼女は合併されたEssenceMediacomビジネスに移行した後、東京に基づいたアジアに戻ります。 今日も発表 – リリースを準備します。

日本におけるWPPのCEOである京子の役割は、成長の機会を特定し、WPPエージェンシー間のより大きな協力と協力を主導し、豊かな歴史と強力な文化的アイデンティティを持つ市場で人々に投資するという新しい約束を反映しています。

世界で3番目に大きな経済規模を誇る日本は、この地域と世界的にWPPで重要な役割を果たしています。 日本は510億ドル規模の広告市場で、米国、中国に次いで3位、電子商取引では世界4位です。 日本で運営されているWPP企業には、AKQA、BCW、Essence、Finsbury Glover Hering、Grey、GroupM、Hogarth、Landor & Fitch、MediaCom、Mindshare、Ogilvy、VMLY&R、Verticurl、Wavemaker、Wunderman Thompson、Xaxisがあります. WPPは日本にほぼ1,000人の従業員を持っており、Amazon、Dell Technologies、Gilead Sciences、Google、IBM、Mars、Mitsubishi、Mondelez、Nestlé、Pfizer、P&G、Sony、Toyota、Uberなどが顧客です。

Kyokoは、大幅なアジア太平洋地域、ゲーム、技術経験を持つ日本のリーダーとして高く評価されており、WPPのために日本で成長とイノベーションをリードするのに最適な立場にあります。 エッセンス・グローバルのCEOに就任する前に、京子は代理店の最初のグローバルトップ顧客責任者を務め、カスタマーサービスの実践、顧客満足度、有機的、新しいビジネスの成長をリードしました。

KyokoはAPAC地域のEssence CEOとして、この地域の11の事務所管理を監督し、北京、ベンガロール、デリー、ジャカルタ、メルボルン、ムンバイ、ソウル、上海、シドニー、東京にエッセンスの立地を構築しました。 彼女は以前にソニーヨーロッパでマーケティングとコミュニケーションをリードし、EMEAとAPACのエレクトロニックアートでオンラインゲームのすべてのマーケティングをリードしました。

読み取り表示WPPのCEOは次のように語った。 「先進技術における京子の経験と仕事、強力な文化構築への感謝は、彼女を日本のWPPビジネスの完璧なリーダーにしました。 彼女は私たちの業界全体で高い尊敬を得ており、彼女がアジア太平洋地域に戻ったのは、EssenceのCEOとして大きな成功を収めた時代につながりました。 私は彼女が世界で3番目に大きな経済で私たちの従業員と顧客のための新しい機会を開くことに疑問を抱いていません。

松下恭子 言った: 「私たちと業界の成長可能性が非常に大きい国でWPPのCEOとして働くことができるのは一生一代の機会です。 日本は私の心に近く、私たちに膨大な機会がある市場でWPP事業を主導する機会が本当に栄光です。

WPPについて

WPPはクリエイティブトランスフォーメーション企業です。 私たちは、人、地球、顧客、コミュニティのためのより良い未来を構築するために創造性の力を使用しています。 詳しくは下記をご覧ください。 www.wpp.com

READ  「COVIDゼロ」と習近平の野望は、2022年に中国経済を鈍化させる可能性がある

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close