トップニュース

WRC – Lindholmは、Munsterが日本で素晴らしい勝利を収め、WRC2の王冠を獲得しました。

Emil LindholmとReeta Hämäläinenは、滑りやすい日曜日の午後、FORUM8 Rally Japanで3位を獲得し、2022 WRC2ドライバーと共同ドライバータイトルを獲得しました。

ToksportチームはWRC2タイトルと一緒に日本でカテゴリーの優勝を主張するために軌道を回ったが、Grégoire Munsterの長いドライブによって最後の段階で選ばれた。

ストリーミング状況では、ルクセンブルク選手は彼のHyundai i20 N Rally2で風に注意を払いました。 Lindholmより1分17秒早く3位から1位まで上がりました。

Lindholmはこの決勝戦で上位5位に入るだけで優勝を確定するのに十分であることを知っており、それに応じて閉鎖キロメートルでŠkoda Fabia Rally2を運転した。 慎重なアプローチで、彼はTeemu Suninenのi20に遅れて3位になりましたが、問題ではありませんでした。 ジョブは完了しました。

「正直に席を取るまでには少し時間がかかると思います。 大変な時期もありましたが、ずっと応援してくださる方々に感謝します。 ついに結実を結んだようです」 26歳のFinnが叫んだ。

Munsterはまた、WRCサポート部門の初優勝を祝いながら明るく笑っていました。

「私の隣に同僚のドライバー(ルイス・ルッカ)がいなかったらできなかったでしょう。 私たち二人とも一番大変なラリーだったと思います。」 木曜日の倉庫公園スーパースペシャルステージで大きなインパクトを与えた後、自分の車を修理するために努力していたメカニックに感謝したムンスターが微笑んだ。

また、日曜日の呪文から離れたのは、ファビアの若い選手サミ・パジャリだった。 Finnは全2位を記録したが、濡れた路面で間違ったタイヤを選択し、結果として元F1レース優勝者Heikki Kovalainenに続き5位に落ちた。

もう一つのチャンピオンは、イタリアのマウロ・ミレーがWRC2マスターズカップで優勝しながらお祝いを受け、Armin Kremerを4点車で抜いて総合優勝を獲得した。

READ  日本は新しい抗生物質の開発のための米国の努力を必要があります

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close