WRWアンタルヤ24プレビュー:日本とドイツはアンタルヤで中国のU20男連続行進を破ろうとしています。 ニュースアンタルヤ 24

Estimated read time 1 min read

U20男子10km決勝で中国と日本が先頭を走っている。 世界陸上警報団体選手権大会アンタルヤ24 日曜日(21)。

他の国(この場合オーストラリア)がアイテムリストに含まれるには、6位までスクロールする必要があり、最初のヨーロッパ人スペインのDaniel Monfortより8位です。

3人の中国選手であるLi Chenjie、Shi Shengji、Luo Jiaweiは、10kmの周波で40分を切り捨てた唯一の参加者であり、この成果は先月も出ました。

李は3月3日、Taicangで開かれた最初のゴールドツアーレースで39分26秒で世界U20をリードしました。 今年初めに17歳になったShiは、39分35秒ですぐ後に、Luoは39分42秒で3位を占めました。 中国選手たちがこのチャンピオンシップで過去4回のU20男子タイトルを獲得したため、歴史も彼らの方です。

それでは、アンタルヤにはすでに表彰台がいっぱいあるのでしょうか? 必ずしもそうではありません。

そこは本拠地でした。 ここはトルコ南部です。 才能のある日本のトリオが赤いベストを着たリンゴカートを覆すことを目指します。

大阪総太郎は去る2月、神戸で41分21秒のPBを記録し、大成吉子子は41分34秒で2位を占め、先月は非常に尊敬される20km PBを記録しました(それぞれ1時間22分26秒と1分23秒14)。 。 彼らはチーム仲間である下田由紀(Yuki Shimoda)とともに、今大会のU20レースで個人またはチームとして日本初の金メダリストになることを目指します。

2024年にまだ10kmを記録していない大きな競争相手が1人います。

1983年の世界チャンピオンであり、オリンピック2回の銀メダリストであるRonald Weigelの息子であるFrederick Weigelは、世界アラームチーム選手権大会のU20種目賞に上がる最初のドイツ選手になることを目指しています。

若いWeigelは昨年のトラックで10,000mを20秒以上前に優勝し、欧州U20タイトルを獲得しました。 18歳の彼は最近ポデブラディで20kmのデビュー戦を行い、1時間26分24秒の記録を立てました。 Weigelの10kmの最高記録は42分44秒で、彼のトラックPBは41分53.58秒です。 天気の良い日にははるかに速いスピードを出すことができるという疑いはありませんが、アンタルヤの状況は速い時間を記録するのに役立ちません。

オーストラリアの16歳のアイザック・ビークロフト(Isaac Beacroft)は、2月にアデレードで41分39秒の速い記録を立てました。 元オーストラリア式サッカー選手である彼は12月に17歳以下の選手が記録した歴代最速の5000m記録(19分31秒21)を記録したが、これは世界U18最高記録にわずか1.07秒差で記録された記録だ。

スペインのU20チャンピオンMonfortは、2月末にサラゴサで行われた全国選手権大会で41分42秒の記録で優勝し、素晴らしい成績を収めました。

時間的に見ると、次のランキングにあるもう一つのオーストラリアのRiley Coughlanに少し飛躍があります。 また、アデレードで設定された彼の42:05 PBは、43分未満の他の8人のプレーヤーの最初の記録です。

これまで、すべてのアラーム選手は自宅で個人最高記録を記録しましたが、アンタルヤはまったくそうではありません。

したがって、メキシコのEmiliano BarbaとフランスのQuentin Chenuetという2人の有望な人材が外国の土地で大きな勝利を収めることができることを指摘することができます。 Barbaは先月、Dudinceの最初のホームにあり、42:06で休憩時間を記録しました。 一方、チェニエットはわずか3週間前にポデブラディで42:15の記録を破り、暑い日に素晴らしい技術と素晴らしい髪を披露しました。

Giuseppe Disabatoも注目してください。 イタリア人であるこのイタリア選手は、トラックで行われたすべての国際選手権大会で授賞台に上がりました。 昨年、欧州U20選手権大会で銅メダル、欧州青少年オリンピックフェスティバルで銀メダル、2022年ヨーロッパU18選手権大会で銀メダルを獲得しました。

このチャンピオンシップにまれに進出するカザフスタンは、15歳の最年少のSherkhan EgizbayとZharylkasyn Egizbayが代表として参加します。 どちらも自分の国がこのチャンピオンシップで少なくとも1人の過去の勝者を誇ることができるという事実に励みます。 1999年、メジドン・キヤノン選手権で50kmの優勝を果たした眩しいレースを見せたセルゲイ・コレパノフ(Sergey Korepanov)です。

たぶん今回のレースにも驚くべきことは起こるのでしょうか?

世界陸上競技のポール・ウォーバートン

READ  [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 井上直也(Naoya Inoue)は、リング(The Ring)の2023年の今年のファイターに選ばれました。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours