スポーツ

WTAのまとめ:スローン・スティーブンス、チャールストンのマディソンキスを反転| スポーツ

Sloane Stephensはシーズン開始の不振を振り払う出そうと水曜日に2021年の最大の勝利を収めSC Charlestonで開かれたVolvo Car Open 2ラウンドで8シードのMadison Keys 6-4、6-4を破った。

Stephensは全豪オープンを含む、今年の最初の4つのイベントでそれぞれ1ラウンドで敗れた後、最近のマイアミオープンで第2ラウンドに落ちました。 火曜日、彼女は水曜日に米国全体の対決で勝利する前に、中国のXinyu Wangを連続セットで下した。

他の二つの米国の対決でLauren Davisは、2シードのSofia Keninを4-6、6-3、6-4で怒らしShelby Rogersは13番シードAmanda Anisimovaを1-6、7-5、6-4で追い越しました。 14番目シードのAmerican Coco Gauffは、ロシアのLiudmilla Samsonovaを4-6、6-1、6-4で勝つために後ろから出ました。

オーストラリアの最高シードアシュリーバティは、日本の岬も、この6-2、6-1、チュニジアの12番目シードOns Jabeurと、ロシアの15番目のシード五クデルメ鳥羽も進出しました。 スイス5シードベリンダベンチ値とベルギーの7番シードエリスマーテンスが脱落した。

コールサニースカップ

スイスStefanie Voegeleは、コロンビアのボゴタで行われた第2ラウンドでは、中国のSaisai Zhengを6-4、6-1で怒らせるために85分しかかからなかった。

Voegeleは8つのブレークポイントの機会のうち6つを切り替えたのに対しZhengは7つのチャンスで2つのブレーキを管理しました。

オランダ第三シードArantxa Rusも、スペインのNuria Parrizas Diazに7-6(4)、2-6、1-6で落ちました。 別のスペインの出身であるLara Arruabarrenaは後ろから、イタリアの6番シードJasmine Paoliniを2-6、6-4、6-2で勝った、ブルガリアのViktoriya Tomovaは8シードの中国のYafan Wangを6-3、6-3に退けた。 その日の他の勝者は、イタリアのサラエラニーだった。

– フィールド・レベルのメディア

READ  ルイス・ハミルトン「ホンダのF1撤退は環境対策の必要性を示した "[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close