WW展示ゲーム仕上げ

Estimated read time 1 min read

10チームが第22回IIHF女子世界選手権大会のためにオンタリオ州ブラントンに向かっている間、ほとんどは実際の試合の開始を準備するために1〜2試合を行いました。 アメリカ人だけがパイロットの試合をしないことに決めたのではなく、大規模なトレーニングキャンプを開くことに決めた。 チームの半分は、カナダのサイズの氷の表面に慣れるためにリードインの日付を使用して2つのゲームをしました。 これが意味があるかは置いて見なければなりませんが、味方チルト7個ともスコアが低かったです。

次は、水曜日のトーナメントの最初の試合を控えて数日間起こったことです。

3月29日/フランス3/4-University of Toronto 2/3, Varsity Arena, Toronto
U of Tの歴史的な本拠地であるVarsity Arenaは1926年に開業し、WHAの初期に多くの記憶に残る大学ゲームとゲームを主催しました。 この夜、新たに昇格したフランス人女性たちはU of T総合試合を行い、規定で3対2で勝利しました。 練習のために彼らは延長戦を行い、各チームは一度ずつ得点しました。 NortheasternでAlina MullerとプレーしたチームのスタインChloe Aurardは、フランスで2得点を記録した。

3月31日/日本4-ハンガリー3(PSS), Canlan Sports, North York
日本は勝負次期でハンガリーを相手に4-3勝利を収めた。 両チームは前にWW大会(2021年日本の4-1勝利)で一度だけ試合を繰り広げた。 三浦明が早く得点を上げて日本のリードを取ったが、ハンガリーは2ゴールを入れた後、細山田あかねが1ピリオドで2-2同点を成し遂げました。 Fanni Gasparicsの2ピリオドゴールは勝者のように見えましたが、1分43秒で日本は3-3タイを記録しました。 延長戦は無事で、佐藤小羽が勝負次期の唯一のゴールを決めた。

3月31日/スイス2-ドイツ 0, Sadlon Arena, Barrie
このゲームは両方のチームがBarrieで数日間訓練した結果のピークでした。 Laura Zimmermannは静かなスイスの勝利で両方のゴールを助けました。 彼らは若い年齢にもかかわらず、第3回WWでプレーする18歳のAlina MartiとSinja Leemannの3番目のゴールで最初のゴールを決めました。 2018年オリンピック以来、フィレンツェ・シェリングが引退した後、チームの1番ゴールキーパーとして活躍しているアンドレア・ブランドリーは16個のシュートを阻止して完封勝ちを収めた。

4月1日/カナダ 3-フィンランド 1, Gale Centre, Niagara Falls
チームは合計42のシュートだけを見たぬるましいゲームで、パワープレイで8打数0安打を記録しました。 4人のゴールキーパーは、両方のコーチが水曜日の開幕前に彼らのパックストッパーにいくつかの準備を提供したかったので行動を見ました。 Brianne Jennerはゲームの中間点を過ぎて得点を始めました。 他の唯一の得点は、3回6分間爆発したことです。 エミリー・クラークは、エミリア・ベサがリーダーを半分に減らす前に2-0を作ったが、カナダの主張マリー・フィリップ・ポーリンが2ゴールをリードした。 そのようにゲームは終わりました。 主張Jenni Hiirikoskiがラインナップに入った。 彼女は15番目の女性の世界に出場し、ブランプトンで彼の記録を延長します。

4月2日/スウェーデン1-スイス0、オーロラコミュニティセンター、オーロラ
Emma Soderbergは18個のシュートをすべて防ぎ、スウェーデンの唯一の展示試合で1-0の勝利を収めました。 敗北はスイスが完封勝でドイツに勝ってから一日で出た。 ゲームの唯一の目標は、7つのパワープレイを特徴とするタイトなゲームで、2番目のピリオド10:36にHilda Svenssonから来ました。 Soderbergは、2022年にオリンピックと女子世界で結ばれた10試合を開始し、ブランプトンで最高の「入札者」としての役割を継続することができる事例を作る弱者スウェーデンと共に選抜の役割を引き受けました。

4月2日/日本 2-フランス 1, Port Credit Memorial Arena, Mississauga
日本はフランスにギリギリの勝利を収め、素晴らしいプレイを続けました。 2022年にWWで一瞬出場したゴールキーパー川口梨子は60分にわたってプレーし、32個のシュートのうち31個を阻止して勝利を収めました。 伊藤誠が攻撃の英雄であり、規定が2分33秒だけ残った状態で優勝ゴールを決めました。 日本は前半40分単独ゴールを破ったが、クララ・ロジエが3回半ばの同点を記録した。 日本は2012年に縦型制度が導入されて以来、初めてA組で試合を行い、今大会で強勢を続けなければならない。 現在の成績は、フィンランドを1-0で破って5位を占めたおかげだ。 昨年、デンマークヘルニングで行われた試合。

4月2日/ドイツ 1-ハンガリー0, Canlan Sports, North York
その日早くスウェーデンとスイスの試合を再現した試合で、2番目のピリオドゴールだけが空のスコアシートを破った。 30歳のSonja Weidenfelderは、最近2回目の女子ワールドで試合を繰り広げ、試合の途中で孤独なゴールを決めました。 サンドラ・アブストライターは完成勝利のために28個のシュートをすべて阻止し、アニコ・ネメスはハンガリーのゴールで完璧ではない1個のシュートに過ぎず、20個のシュートのうち19個のシュートを抜いた。

READ  視聴:ラプターズと契約を結んだ後、渡辺ユタ州の日本での生活がどのように変わるのでしょう?
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours