X-Elio、日本の最新普及型プレミアムオークションで15MW契約受注

Estimated read time 1 min read
X-Elioは2012年から日本に進出し、これまで380MWの再生可能プロジェクトを開発しました。 画像:X-Elio。

スペイン開発会社X-Elioが日本初のFiP(フィードインプレミアム)オークションで15MWの太陽光PV容量を受注しました。

このプロジェクトは山口県にあり、2024年末までに運営される予定で、契約期間は20年です。

最初のFiPは、日本の経済産業省が13のプロジェクトを入札に提出し、5つの入札者間で合計128.94MWを落札したことから始まりました。

これは12を表示します。仕事 FiPは、1MW以上の出力と10円/kWh(US$0.07/kWh)の入札価格制限があるプロジェクトを目指す日本および2022年初のオークションです。

X-Elioは9.85円/kWhで最低入札価格を落札され、最高入札者とわずか5セント差がありました。

X-ElioのCCOであるMirko Molinariは、次のように述べています。嬉しいです」と言いました。

X-Elioは2012年から日本に進出し、これまで380MWの再生可能プロジェクトを開発しました。

READ  Foamstars、PS Plus必須ゲームで2月6日リリース
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours