技術

Xbox、プラットフォームにもっと日本のゲームを提供

マイクロソフトはXboxエコシステムを拡大するために一生懸命努力してきました。 また、西部市場以外の地域にも拡大しています。 マイクロソフトのライバルブランドは伝統的にアジア市場を支配しており、特に日本はプレイステーションと任天堂の本場とされてきた。

しかし、 マイクロソフトは最近この地域で新しい成功を収めています。。 マイクロソフトの新しい戦略 Xboxゲームパス そして XboxシリーズS 会社が市場シェアを確保するのに役立ちました。 Xboxはこの地域で引き続き良い成果を上げており、Phil Spencerはアジアで初めてXboxを所有している人がXbox販売の半分を占めていると述べました。

東京ゲームショウの新たな声明は、日本市場への将来の拡大に関するマイクロソフトの計画も示唆している。 サラボンドによると(Xbox Creatorの経験責任者)、 Xboxは引き続き、より多くの日本のゲームをプラットフォームにもたらします。

あるファンが次のゲームに言及しながら、Xboxで日本のゲームの未来について尋ねたとき ローストオデッセイとブルードラゴン (MicrosoftはXbox 360用に排他的に公開および開発しました。) 彼女は日本のゲーム業界と協力しようとするマイクロソフトの現在の試みを明らかにした。

「現在、日本にはXbox用ゲームを開発する開発者が250人を超える。

150個はすでに出荷されており、そのうち100個はGame Passにあり、アジアで制作された15個のタイトルを発表する必要があります。 日本から13

Tokyo Games Show 2022は、Xboxプラットフォーム向けの多くのエキサイティングな日本ゲームを公開しました。。 次のような多くのタイトル Guilty Gear StriveはXboxに向かいます。、Xbox Game Passの膨大な製品に参加しました。 ペルソナ5のような有名なJRPGもすぐにプラットフォームにリリースされる予定です。

マイクロソフトはまた、日本の市場でさらに進むために、XboxシリーズSで特別割引と提案を活用し始めました。 Xboxは日本でXbox Series S購入時に一時的に5000円ギフトカードを提供します。

これはすでに一部のファンには誘惑的かもしれませんが、Sarah Bondの答えは、日本でのXboxの未来に対する有望な意味もあります。 彼女はまた、次のように言いました。

「これからもっと来るでしょう。 出始めるから早く公開したいです」

マイクロソフトは現在、できるだけ多くの観客に近づく目標を追求しています。 日本は常に業界で重要な部分を占めており、この地域でのMicrosoftの新たな成功は、会社がゲームの提供をさらに進めるように促したようです。

その他のニュースをチェック:Wo Long:Fallen DynastyデモがPS5およびXboxシリーズS | X用になりました。

私たちの記事が役に立ちましたか? 👨‍💻


ありがとうございます! 肯定的なフィードバックを共有してください。 🔋

この投稿をどのように改善できますか? 助けてください。 😔

Back to top button
Close
Close