技術

Xbox Series Sは、すぐに各種ゲーム機のエミュレータが動作可能 – Engadget日本版

親愛なる

最近のゲーム専用機は、セキュリティが厳重に固め自作ソフトウェアのインストールはできません印象がありますが、発売されたばかりXbox Series Sに直接過去ゲーム機エミュレータをインストールし、動作を確認することができたと報告されています。

その方法は、マイクロソフトも期待していなかったセキュリティホールを使用しているわけではなく、正式にXbox One用に提供されていた開発者モードを有効にします。

MSは、2013年にこの機能を予告した後、一旦撤回する動きを見せ2016年に正式公開し登録したUWP開発者が一般的に流通しているXbox Oneハード自作ソフトウェアをロードしてテストすることができます。 この機能は、Xbox Series X | Sも可能だ明らかになった私立大学です。

開発者モードへのアクセスは、まずMSの開発者アカウントにアクセスして、一回限りの登録料(約1847円)を支払って登録します。それが終わったら、Xbox本体のApp Storeで、開発者モードの活性化のためのアプリケーションを検索してインストールし、残りはMS公式の指示に従って手順を実行します。

開発者モードで自作アプリが動く代わりに本物のゲームやアプリケーションを再生したり、実行することができません。 しかし、開発者モードを有効にした後、小売モード(製品版ゲームをモード)に切り替え往来が可能です。

ところがYouTuberチャンネルMVGはXbox Series S開発モードでは、マルチエミュレータソフトウェア(様々なレトロゲームハードエミュレータを一つに統合したもの)RetroArchをインストールしてテストを実施した。 ゲームキューブとドリームキャストは、PSPとWii招待PSなど過去のゲーム機用ソフトが次々動く映像を公開しています。

いくつかのゲームは、処理落ちしたり、互換性の問題はありますが、MVGは最も互換性のとれたタイトルの性能は驚くべきであり、現在市販されている中でも、最高のエミュレーションボックスと絶賛ます。

この目的のために使用されたとしてもMSに製品版ゲームの売上に接続されず、何のメリットもありませんが、ユーザーに付加価値となる可能性もあること。 読者諸兄が自分で試した場合は、所有しているROMカートリッジで吸うなど(最近のコピー防止がかかっていることを吸うと、違法になる可能性もあります)、完全に合法的なデータを使用し、是非自己責任ください。

出典:MVG(YouTube)

通じる:MSPowerUser

READ  キヤノンと東京エレクトロン、日本の先端チップ制作プロジェクトに参加

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close