技術

Xbox Series X開封プレビュー驚くべき低騒音と性能を両立クイック再開は、次世代の快適 – Engadget日本版

Engadget

マイクロソフトは11月10日に発売する次世代ゲーム機Xbox Series Xの公開と実技の露出をお知らせします。

Xbox Series Xは、マイクロソフトが、同時に両方のモデルに投入する新しいXboxの上位モデル。 静音冷却性能で逆算した無骨な柱のデザインと4K120fpsとレイ・トレーシング対応、12TFLOPSに至るグラフィック処理能力などの高性能、そして自称「第4世代ゲーム機「互換性のある販売し(※)。

PS5が現在PS4との互換性を提供しながら、自分の新しいコントローラDualSenseなど全世代にない新しい経験を訴求するのに対し、Xbox Series X | Sは、複数のゲームを中断再開することができる「クイック再開 “や旧型機・現在のマシンのゲームも滑らかに高画質れるなど、過去の遺産を未来の新作も最も快適な遊ぶためのモデル、遊び無制限サービスXbox Game Passを最大限に楽しむ製品として位置づけています。

※招待で360世代の “互換性”は、基本的すべてではなく、マイクロソフトが検証変換したタイトルのみホワイトリスト式。

XboxシリーズX

Engadget

夜明け。 PS5ボックスに比べて縦横は蓋の方向小さく、逆に深さ(厚さ)は、大規模な本体の形状そのままの割合です。

XboxシリーズX

Engadget

Series Xロゴと1TB SSD表示します。 発売時には、1TBモデルしかありません。

XboxシリーズX

Engadget

側面のデザインと性能アピール。 4K 120FPS最大8K HDRストレージメモリコントローラとDirectStorage APIで高速読み込み「ベロシティアーキテクチャ “、TVでゲーム速度モニタまで合わせれば、VRR(可変レート)、1TB SSDなど。

4K 60fpsはともかく、120fpsは「標準」数のカテゴリは? と思いきや、Halo:The Master Chief CollectionとGears 5の対戦モードなど、60以上の高いフレームレートと低レイテンシ(低遅延)に感謝の自社ゲームは徐々に対応を発表しています。

XboxシリーズX

Engadget

裏面はXboxの看板、Haloシリーズの主人公マスターチーフの後ろ姿が。 久しぶりの新作は、本体同時発売はず2021年に煙が遅くありません。 手遅れになる前に来てマルチィィィ後! ! ! (そして、劇中で救世主扱います)。

「Halo Infinite」2021年煙、Xbox Series X発売同時を逃さ

XboxシリーズX

Engadget

気を取り直してオープン。 撤退感じの簡易包装ではなく、宝箱にパカッ開く体験を意識しています。

強烈な存在感黒塊とおなじみのキャッチコピー「ジャンプの「帯。 ジャンプ!

XboxシリーズX

Engadget

本体を取り出すには、どうしても最初に削除される帯各部の名称と接続方法アプリのインストールしましょうQRコード。

iOS / AndroidのXboxアプリケーションを使用している場合、コントローラからのログイン情報やパスワードなどのストレスなしでインストールとアカウントの同期が完了します。

XboxシリーズX

Engadget

黒い管のような本体。 わざわざ黒パッケージ。

XboxシリーズX

Engadget

開け口が誘導され、ペリペリと「ギフト包装紙を剥がし」をするとXbox Series X本体のデザインのアイコンであるが、緑通気口が出てくる演出。

XboxシリーズX

Engadget

夜明け!

XboxシリーズX

Engadget

本体よりも内側の小箱にHDMI 2.1ケーブル、電源ケーブル、コントローラ。

XboxシリーズX

Engadget

XboxシリーズX

Engadget

おまけ。 別のSSD増設カードは、裏面に突然突き刺さるスロットがあります。 USB接続のSSDやHDDも使用でき、Xbox Oneの世代で使用していたものをそのまま接続すると、互換性のある楽しむことができます。 しかし、速度はSSDやHDD側の依存から適当に。

XboxシリーズX

Engadget

別のSSDカードは本体のメモリコントローラストレージを統合して速度を稼ぐ「ベロシティアーキテクチャ」完全対応で、内蔵ストレージのような速度が特徴。

私の中でも良い面USB SSDを併用して、いつも遊ぶゲームは本体1TB以内、両群であるが、再度ダウンロードは大変なことは、外部避難運営ます。 中市場環境の変化に本物が引き下げされることを祈りながら。

XboxシリーズX

Engadget

とりあえずざくり、Xbox Series Xのインフレ。 まだ正式版ではなく、バージョンの一部だけを使用した予備判断です。

驚くべき低騒音音の成分がスムーズに

  • 大気〜低負荷では、といっても静かです。 Xboxは現在、Xbox One Xの時点でノイズが高く評価されていたが、Series Xはまたジョソウムガ行われました。

  • アクティブ空冷である以上、もちろんファンが回って風を送る音が発生しており、「無音」といえば大げさだが、13cm口径のファンの静音設計がなされているか、低速で風量を得ることができるかどうか総合的な熱設計や普段は静かな部屋に耳を傾けるやっと聞こえる低い突風音が。

  • エピソードに並べると、「本体が動いているかオフかの耳の近くに聞くレベル」「高負荷がない限り、かなり近くに聞きに行くか部屋の背景音の源を停止し、耳を傾けてやっとわかる」ほど。

  • 普段流し気にもしていない、適度に静かなデスクトップPCを停止やっと低い音が聞こえと思ったら、少し空いていたウィンドウでバックグラウンドミュージックだったことも(夜間の住宅地)。

  • しかし、これはまだ、最大負荷となるソフトがあまりない? 可能性があり。 発売前のXbox Series Xの最適化ソフトウェアの高負荷シーンはもちろん、ファンが全力で方向熱風を噴出。

  • 高負荷で一般的にファンの音が時も風の音や突然の音の変化耳つく高音成分や共振音が少なく、気付きにくい低い音がある。 低負荷時の騒音問題ではなく、むしろ高負荷でも嫌な音が少ないのが好印象。

  • マイクロソフトの本体デザイナーによると、対象とした騒音レベル自体はXbox One Xと同じである。 しかし、発生する音の成分を調整して、同じ風量と冷却性能もより耳に付かないことを目標にしたもの。

「クイック再開」が快適

  • ざっと遊んだところ、販売には地味に聞こえた “クイック再開」が真快適です。

  • クイック再開は、ゲームを切り替えたときに終了していないメモリの状態をそのままストレージに保存して、次回に中断したポイントにそのまま復帰する技術。 ゲームユニットの休止状態SSDに避難するステートセーブであること。

  • 次世代機のため、元のゲーム開始自体も速くはありますが、やはりコールドブートは、パブリッシャアニメーションロゴの開発者のロゴ、ゲームエンジンの開始画面で、ゲームを盗む警告画面など吹き飛ばしないことが挟まったり、「キャンペーン・大田」「継続で新規ゲーム」を選択し、この発生するため、「急に遊んでいたことから始まる」ほうが無限ラクラク。

  • マイクロソフトは、既存のデモで「瞬時に」転換誇っていたが、現時点ではどう考えても誇張したり、特定のソフトウェアが。 次世代旧世代の様々なゲームで試したところ、標準12秒〜16秒程度(更新:より速くなった。以下を参照)。 画面を見ながら待つことができる。 それでも起動画面でロードよりも明らかに快適に。 ソフトや場面に応じて、10秒以下で高速な場合もあります。

    最新情報: 10月29日の時点で試験したところ、複数のソフトウェアとの条件で、約10秒程度以下であった。 試験したのはSeries X | S最適かすみのGears 5とGears Tactics、Xbox Oneの互換性SEKIRO Xbox 360互換性のあるレイディアントシルバーガン、パンツァードラグーンオルタ。

    保存するデータが軽いものである360互換性のあるゲームとSEKIROだけでなく、舞台を始めた状態Gears 5 Gears Tacticsボス戦ゲーム中に戻るか、他のゲームを挟んで周期も通常10秒、早ければ7秒ほど。

    発売前に最適化が行われているのかもしれません。 いずれにせよ、ロードが速いXbox Series Xにもコールドブートは、Gears 5で製造とゲームタイトルの開始画面が終わるまで30秒以上ログインと更新検索とメニュー画面を挟んでシングルでゲームを起動し、起動までに1分以上は保証かかるため、迅速な再開が圧倒的に速いのは変わりません。

  • しかし、新機能のために、ゲームによっては微妙な動作と非対応も。 ゲーム内の既存の現行世代機の再開(終了せずにホームに戻るか、スリープ後復帰)に見えるようで基本は完全にサポートするが、例えば、ゲーム会社のサーバーへの接続が必須であるオンラインゲームなどの高速な再開に久しぶりに復帰と当然のセッションが消えロビーに戻ってきたか、自動保存されていない進行が失われる可能性があります。 Microsoftは、このような場合の対処を、開発者と進行していること。

互換性は、現在の世代以前の世代にもメリット

  • Series X | S最適化タイトル以外、今レギュラーで遊んでいる現行世代のゲームと忘れていた360世代のゲームの互換性が優秀。 現在のタイトルは、最適化しなくても、内部のレンダリング解像度とフレームレートを改善し、快適にタイトル多数。

  • 特にXbox One X / PS4 Proのための “4K高解像度のグラフィックス優先モードまたはフルHDソフトフレームレート優先モードまたは”を選択するゲームは、4KモードでXbox One Xよりも柔らかくなることが多く、次世代感謝が感じられる。 たとえばモンスターハンターワールド。

  • 逆に30fpsロックされて、現在の世代もそこそこのフレームレートが出ない30につくほどの効果。

  • Xbox 360の時代のゲームは今実機で起動すると、多角形のゲームは、特に過酷な色もかすかに見える記憶の美化作用を実感するが、Series Xは謎の技術4K HDR化。 オリジナルのゲームでは、カメラをアクセスしたときにのみ見えていた高解像度のテクスチャを遠景に使用することで、リマスター版が出ず、夢もないソフトでも4Kリマスターとなる。 前世代のゲームも、ゲームのロード時間が短縮され、快適に感じる。

と。 Microsoftは、「ゲーマーが中心次世代機の乗り換えを強制しない」と称して、世代交代期の自社タイトルで、次世代機を購入するために排他的にすることなく、Xbox Oneも動く次世代機会は4K資産とレイトレ高いフレームレートなど、より快適に驚くPCゲームのようなアプローチを公言しています。

本体UXも早い再開などの次世代のみの機能は、ながら、現在の世代とモバイルアプリと統一したルックアンドフィールなので、パッと変わった! 次世代! 感じはあまりありません。 コントローラも伝統のデザインのまま微妙に使いやすく、トリガーとグリップに滑り止めを増やしたり、少し小さい、簡単に共有ボタンを新設したほど、完全に新しい可変抵抗器のトリガーなどはありません。

しかし、実際に商用みると本体つけっぱなしでも、まるで関係のない静音設計PCで言う「超」の設定をいい消化性能、ゲームを同時進行させても大気が少ない高速な再開など、実用性の意味で真の快適です。

Xbox One世代は、日本国内のXboxの存在が極端に減少し、かなり好きな人が強い意志で、同じゲーム機だったが、最近では、国内パブリッシャーのゲームもマルチに無人島悲劇が減り、ゲームのパスも国内サービスが開始xCloudも来年の計画などが世代は氷河期が解凍を迎えた感があります。

READ  [데라 信良 주간 Electric Zooma!]大きく生まれ変わった「GoPro HERO9 Black "Maxレンズに注目-AV Watch

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close