エンターテインメント

YOSHIKI発売前日に新曲発表セントビンセント一度も会わずにコラボ曲制作| ORICON NEWS

X JAPANのリーダーYOSHIKIが27日、米国ロサンゼルスで彼の最初のオンラインで緊急会見を開催。 米国のシンガーソングライターセントビンセントと合作した曲を明日28日電撃発売すると発表した。

会見の冒頭に近況も報告します。 「約6ヶ月の間に一人である」とぽつり。 仕事新型コロナウイルスの検査をした人とばかりしていることを明らかにした。 私生活も同様。 「私は一人で生きている。朝食、昼食、夕食と6ヶ月、誰とも食事をしていません。かなり孤独な生活である」と万全の対策を期していると口をしていた。

コロナ災害のエンターテインメント業界にも考えを言う。 「複数のアーティストの方々、そしてアーティストに関連の方には大変な時期。ますます2段階になって、経済を回していこうとされてもエンターテインメント業界は再び見通しはついていない、その中のエンターテイメントは何ができるか、今だからこそできることがたくさんあると思う」と持論。 その一環として、今回の合弁を計画したという。 「エンターテイメントの時代に、一種の挑戦。新たな可能性を考えている」と逆境に強いYOSHIKIらしく語った。

「セントビンセント氏は、米国で大スター。 洗練されたエッジが効果がある。 自分の目標とするジャンルの壁を越えたアーティスト。 とても刺激を受けています」と存在の大きさを語った。

音楽は異例の製作過程であったこと。 合弁相手を探していたYOSHIKIは、共通の知人を介して初めてセントビンセントゥグァ交流を行った。 「会った後、完成まで、すべてのオンライン実際対面したのは、すべてが終わってまさしく今の時代だから生まれた「セントビンセント」アーティストは何かをする必要がありいけない。 アーティストはこのような時停止はいけない。このタイミングなので、可能性は無限に広がっている」とYOSHIKIのような考えであることを言っていた。

また、製作期間についての質問が。 X JAPANのアルバムは、1996年にリリースされた「DAHLIA」の最後の。 YOSHIKIはそこそこ、10年前から新しいアルバムを出す意思表明を続けているが、まだ発表には至っていない。 そんな中での質問にYOSHIKIは「鳴ってね。 何の話を持っていくのか知ることができる」と笑って「YOSHIKIてすぐに。 編曲と録音に1週間ほど。 全体的に1ヶ月かかりんじゃないか」と述べた。

続いて、X JAPANのアルバムの話題になった。 YOSHIKIは「来るね」と苦笑いを浮かべ、「(コロナ災害の)最初の3ヶ月程度は録音スタジオに行ってみた。皆さんPCR検査をしていただいてレコーディングスタジオに戻った.X JAPANのアルバムの内容は、数十億かけて作らている。いろいろな意味で、世界で1番、私が食べたがっている」と断固として。 ライブできないなどの現象も「ベストタイミングを見計らっている」と述べた。テトパンネタ化しているが、「何度もこのようなことを言っているが、「大丈夫」と言われたら悲しい毎回質問してくれてありがとうございます」と最後は笑っていた。

配信各国の0時から開始します。


READ  宮崎あおい第二子妊娠した! 既に安定期に年内出産予定(女性自身) - gooニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close