トップニュース

Young Aussiesはワラビーを日本に変える

若いミッドフィルダーであるDylan Rileyはオーストラリアのラグビーの心配傾向にBrave Blossomsの忠誠を宣言した日本のトップリーグのチームで三番目に、オーストラリア出身の選手がいます。

20歳未満の元オーストラリア代表は故国になどをドルリョトゴ2023年ラグビーワールドカップで日本代表選抜を目指している。

そして、彼は、パナソニックワイルドナイツチームの他の二人のオーストラリアの側面の選手たち – 全ワラビースプルレンコグレッグの息子ジャック鼻ネルソンとベンゴントも脱北しているわけではありません。

RileyはAAPの「現在の資格基準を検討しているが、最終的には、あなたが良いサッカーをしているかどうかが決定されます。」とAAPに話した。

彼は最初はオーストラリアのラグビーになどをかけることが困難でしたが今の日本は、彼の故郷であり、彼の未来と感じた。

23歳の彼は、「ゲームを育て、新しい人々に会った日本を愛する心に成長しており、ここで滞在を決めた。」と言いました。

「私の家族は私の人生を夢見ることを報告して喜んでいます。」

ワラビースのデイブレニー監督は最近、オーストラリアのラグビーの長期的な未来が恐れ、日本で提供される膨大なお金と競合することができないと述べた。

メルボルンフライヤーマリカコロイドべは数百万ドルの給料日のためにオーストラリアを離れ、日本に残す次期有名人になる予定です。

今季16チーム大会には30人のオーストラリアの選手が出場する予定であり、シニアレベルでグリーンとゴールドでプレーした10人のワラビース主張マイケル・フーパーと。

しかし、Rileyが海外にキャリアを移すように潜在的な顧客が増加することは、テストのスターのみが対象ではない。

Rileyは2017年NRCからBrisbane Cityと走っていたが、パナソニックワイルドナイツ(Panasonic Wild Knights)が前ワラビース監督だったロビーディーンズ監督がコールをしたときから、スーパーラグビーの契約がありませんでした。

お金より機会を求めて海外に出て行ったが、日本の競争が提供する財政の安定は誘惑である。

「私は故郷に帰る機会がなかったし、日本に来て素敵なコーチのロビーディーンズ下で走るようになったので、私はそれを受け入れた。」とRileyは言いました。

「私は当時、日本が第ラグビーを育てることができる最高の機会だと思っていたそれ以来、日本を愛していました。

「オーストラリアの人々が戻って行こうとすればかなり難しいですが、私がしたかったことはありません。」

Rileyは3段階の大会が解体された後、クラブラグビーとスーパーラグビーの間のギャップを解消するために、National Rugby Championshipなく、自分の道をもっとついていけと予測しました。

READ  菅野12連勝「難しいけど...」次の試合前人未踏の挑戦 - プロ野球:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close