スポーツ

Yuzuru Hanyu planes to compete in Beijing

2回も現役オリンピック選手権の羽生ゆず(Yuzuru Hanyu)は、木曜日、日本全国選手権大会の訓練をスキップし、健康への懸念を呼び起こしてから1日で2月に北京冬季ゲームに出場する計画だと述べた。

先月、負傷で2連続グランプリ大会に出場できなかった羽生は12月23~26日、国家代表を控えて初公式練習に乗り出した後、木曜日の埼玉スーパーアリーナで記者たちの質問を受けた。

北京出場を目指すかという質問に、彼は「はい」と答え、全国大会で初めてプリスケーティングルーチンにクワドラプルアクセルを含めると述べた。

練習でジャンプを少し少なく回転させたハーニューは「前半に(クワッド)アクセルを入れたい」と話した。

羽生は前日、オリンピック予選のための訓練に最後に結腸しながら北京大会に対する自身の健康に対する恐怖を掻き立てた。

ナショナルは羽生の冬季オリンピックシーズン初の大会となる。 水曜日の夜に開かれる開会式とショートプログラムの抽選に出席した2回の世界チャンピオンは、木曜日の男子シングルスケート32人のうち24番目に氷上を占めます。

ハーニューは11月12日から14日まで彼の右足首に靭帯損傷を受けた後、2021-2022シーズン2回のグランプリ割り当ての最初のNHKトロフィーで棄権しました。 彼はまた、2週間後に2番目のグランプリイベントであるRostelecom Cupに参加しました。

彼はブライアン・オーサーのコーチで働くカナダの作戦基地に戻るのではなく、ファンデミックの間日本に滞在しました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  オリンピックメダリストSaanichで国家試験で新たなフルクエストを開始

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close