技術

ZenFone 7とZenFone 7 Proは、ディスプレイとカメラが超進化。 本気のフラッグシップを購入する8つの理由。 | ハイパーガジェット通信

記事に書かれている内容

ASUS本気のフラッグシップモデル「ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro」を購入する8つの理由

ZenFone 7 / ZenFone 7 Proを購入する理由その1「90Hzのリフレッシュレートをサポートします。有機ELを採用したことで最強のディスプレイ全体に進化 “

以前のモデルである「ZenFone 6“では、回転フリップカメラを採用したことで、「ディスプレイ全体」という形態的進化を遂げました。しかし、 “液晶」「60Hz」という仕様については、「フラッグシップモデル」と物足りなさを感じていた人は多いだろう。

ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro「では、その「物足りなさ「すべて解消。バックライト式」液晶「このピクセル点灯式の “有機EL“に変わったことで、「深いブラック「表現が可能です。」ディスプレイ全体」を活用した映画鑑賞まさに圧巻でしょう。有機ELダイナミックレンジが広いHDRコンテンツの表示(HDR 10+対応)に適している。

リフレッシュレートは “60Hz“が”90Hz“と。1秒に表示することができる枚数が “30枚「増えたことになるので表示が非常に滑らかに画面をスクロールした瞬間 “違い“をしっかりと体感することができるのです。

ディスプレイのサイズは “6.4インチ“で”6.67インチ“大型化。Pixelworks社視覚処理技術を導入して色差を “Delta-E <1“まで抑えることに成功しています。人の目で認識することができることは、一般的に”Delta-E <3“までとなっているので、”Delta-E <1“は”ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro「ディスプレイが限りなく正確な色表示に対応することを意味します。 また、ディスプレイの消費電力を動的に調整」DC調光「基づいて画面のちらつきを軽減します。長時間の使用でも目の疲れや視覚的な感度の低下をしっかりと抑えます。

ZenFone 7 / ZenFone 7 Proを購入する理由2」どんな3Dゲームでも余裕をもってこなす圧倒的な処理能力。Snapdragon 865、Snapdragon 865 Plus搭載 “

QualcommこのAndroidスマートフォンフラッグシップモデル開発している “キンギョソウ800「シリーズ」ZenFone 7「が採用しているのは、その最高峰に位置する “キンギョソウ865“です。CPUの最大クロック周波数は”2.84GHz「グラフィックスレンダリングを含むパフォーマンス “キンギョソウ855“と比較して約”25%「アップしています。メモリに “LPDDR5「ストレージ」UFS 3.1“のような最新の規格を採用することで、データを読み書きする速度も向上。ASUS代表フラッグシップモデルに適した仕上がりとなっています。

そして “キンギョソウ865“以上の”Snapdragon 865 Plus“を搭載しているのが、上位モデルである「ZenFone 7 Pro「CPUの最大クロック周波数はさらに上がって “3.1GHz「性能も “キンギョソウ865“約”10%「改善します。正直 “キンギョソウ865「でも性能は十分程度高いので、どうしても “最高のパフォーマンス」を使用し、動画を多めに撮影希望( “ZenFone 7 Pro“は256GB)という人以外は “ZenFone 7「満足できると思います。

ZenFone 7 / ZenFone 7 Proを購入する理由その3「カメラの性能が大幅に向上。前も後ろもきれいに様々な撮れる「

ZenFone 6「リリースと同時に大きな話題となった回転 “フリップカメラ「ディスプレイのカメラがなくなるだけでなく、 “高画質のメインカメラで撮りいる“はゲイフリップカメラの最大の特徴でした。 プロが様々なシーンを撮影して、カメラの画質を評価する、世界で最も有名なサイト」DxOMark“で”ZenFone 6“フロントカメラで”1位“を獲得した。”世界一のセルカカメラ搭載「スマートフォンで女性を中心に売れてまくりました。

そして “ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro「では、その「フリップカメラ」をさらに強化します。カメラのセンサーにソニーの “IMX 686」を採用して最高解像度4,800万画素で “6,400万画素“にセンサが大型化するにつれて、光が少ない場所でも低ノイズ鮮明な描写を実現しています。回転するので、もちろん撮りも。

1,200万画素の広角カメラ “デュアルピクセルのオートフォーカス“私”リアルタイム歪み補正」をサポートします。写真だけでなく、動画撮影時にも大活躍。超広角カメラは、被写体に4cm至近距離まで接近して撮影可能な “マクロカメラ“として動作します。

ZenFone 7 / ZenFone 7 Proを購入する理由その4「いよいよズームカメラを搭載。さらに、光学3倍の本格仕様 “

ズームカメラ “光学3倍ズーム」に対応。 “ZenFone 6“は”光学ズーム「非搭載したので、これは重要な改善と言えるでしょう。デジタルズームを含めると最大 “12倍「ズームアップが可能です。

カメラの強化」DxOMark「も高く評価され、背面カメラの評価は「104」から「115」まで大きく上昇」フロント」「バック“すべて高画質で撮れるカメラということが証明されています。

ZenFone 7 / ZenFone 7 Proを購入する理由は、5 “角度センサの搭載で安全性も機能も進化”

また、画質だけでなく、フリップカメラ構造自体を刷新。 新たに “角度センサ」を追加したものよりも高い」安全「が確保された。また、 “3つの角度「記憶することが可能であり、特定の他のアングルからの撮影が容易です。

READ  ポケモンGO、人海戦術で世界3Dデータ化開始します。 ARマップアイテムの補償 - Engadget日本版

モーションテキン2.0」では、被写体を自動的にズームて追跡した。 これは、優れた伸縮技術とフリップカメラが付いている “ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro「だから、可能な機能と言えるでしょう。

オートパノラマ「カメラ自体が回転して、広域撮影をするので、安定感抜群。シャッター速度が新たに最適化されたより精密な撮影が可能です。

ZenFone 7 / ZenFone 7 Proを購入する理由は、6 “ピントと露出測光位置を個別に設定することができる”

ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro「カメラ」のフォーカス」と「測光」の位置を別々に設定することができます。 下の例では、最初に、同じマグに “フォーカス“と”測光“に沿っているので、後ろの窓が飛んだしまいます。」フォーカス“は、マグにロックされた状態で、「測光“をホワイトホールの部分に合わせると飛んだ部分の露出が適正に。

ZenFone 7 / ZenFone 7 Proを購入する理由は、7 “映画のような動画を撮るサポート機能が多彩。UIも改善され、より簡単に”

写真と動画の両方において、「メインカメラ」「超広角カメラ」「ズームカメラ「切り替えがスムーズに動画撮影時のカメラの操作が頻繁に行われるので、UIの改善は、品質の向上と同様に重要です。

メインカメラは “8K / 30fps「超広角カメラ “4KUHD「高解像度の動画撮影をサポートします。動画撮影時電子補正機能HyperSteady「この動作し手ブレをしっかりと制御。また、 “フリーズーム“機能を使用すると、指定した場所に向かって滑らかに拡大した。”ウィンドフィルタ「自分のアルゴリズム風の音を自動的に削除します。 “マイクフォーカス「カメラのズームに合わせて音を立体的に拡大した。すべての張る」ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro「ただ驚くほどクオリティの高い動画を撮影することができるのです。

HyperSteady

フリーズーム

ウィンドフィルタ

マイクフォーカス

ZenFone 7 / ZenFone 7 Proを購入する理由は、8 “5,000mAhの大容量バッテリーと、独自の省エネ機能で長時間駆動」

ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro「バッテリー容量は “5,000mAh「自分の省エネ技術を採用することで、動画の再生、最大「24時間」の連続使用最大 “48時間” 4G通話最大「32日」5GWEBブラウジング最大 “6.2時間」を実現しています。

通信会社OCNモバイルONEが圧倒的におすすめする理由

MM総研が2020年5月20日に発表した調査結果(2020年2月時点のもの)によると、スマートフォンユーザーの大半は、毎月の通信容量が “5GB以内「つまり、通信容量 “5GB「程度のSIMを契約するだけで十分であるということです。したがって、利用料金を比較する上では “5GB」を基準に各社の料金プランは選択(5GB予定がない場合は、最寄りの容量計画)日に。利用期間は “2年」とします。

docomoの通信料金

回線:docomo回線

契約プラン:ギガバイトライト(5GBまで)

月の利用料金:5,665円(税込)×24ヶ月=135,960円(税込)

通話料:30秒/ 20円(税込:22円)

かけ放題:時間制限なし= 1,700円(税込:1,870円)5分以内に複数回= 700円(税込:770円)

2年間の通信コスト= 135,960円(税込)

au通信料金

回線:au回線

契約計画:データMAX 4G LTE

月の利用料金:7,650円(税込:8,415円)×18ヶ月=151,470円(税込)

最初の6ヶ月:6,650円(税込:7,315円)×6ヶ月=43,890円(税込)

通話料:30秒/ 20円(税込:22円)

かけ放題:時間制限なし= 1,800円(税込:1,980円)5分以内に複数回= 800円(税込880円)

2年間の通信コスト= 195,360円(税込)

Ymobile通信料金

回線:Softbank回線

契約プラン:スマートフォン基本計画M(10GB)

月の利用料金:3,680円(税込:4,048円)×18ヶ月=72,864円(税込)

最初の6ヶ月:2,980円(税込:3,278円)×6ヶ月=19,668円(税込)

通話料:30秒/ 20円(税込:22円)

かけ放題:10分以内に複数回=無料

2年間の通信コスト= 92,532円(税込)

IIJmio通信料金

回線:docomo回線/ au回線

契約プラン:音声通話SIM 6GB

月の利用料金:2220円(税込:2,442円)×24ヶ月=58,608円(税込)

通話料:[일반]30秒/ 20円(税込:22円)【レポートフォン電話を使用]30秒/ 10円(税込:11円)

かけ放題:誰とでも3分以内/家族10分以内に複数回= 600円(税込660円)誰とも10分/家族30分以内に複数回= 830円(税込:913円)※11月4日までのキャンペーン0円

2年間の通信コスト= 56,608円(税込)

OCNモバイルONE通信料金

回線:docomo回線

契約プラン:通信6GB音声SIM

月の利用料金:1,980円(税込:2,178円)×24ヶ月=52,272円(税込)

通話料:[일반]30秒/ 20円(税込:22円)【OCN電話アプリケーションの使用]30秒/ 10円(税込:11円)

かけ放題:10分以内に複数回= 850円(税込:935円)通話料上位3電話番号に電話= 850円(税込:935円)10分以内に複数回+通話料上位3番号へのコールがセット1300円(税込:1,430円)

2年間の通信コスト= 52,272円(税込)

mineo通信料金

回線:au回線、docomo回線、Softbank回線

契約プラン:デュアルタイプ6GB

契約プラン:Mプラン7GB(音声を含む)

月の利用料金:au回線=2,190円(税込:2,409円)×24ヶ月=57,816円(税込)docomo回線=2,200円(税込:2,420円)×24ヶ月= 60,192円(税込)

通話料:[일반]30秒/ 20円(税込:22円)【mineo公衆電話を使用する]30秒/ 10円(税込:11円)

かけ放題:10分以内に複数回= 850円(税込:935円)定額30分= 840円(税込:924円)定額60分= 1,680円(税込:1,848円)

2年間の通信コスト:au回線= 57,816円(税込)docomo回線= 60,192円(税込)

nuro mobile通信料金

回線:au回線、docomo回線

契約プラン:Mプラン7GB(音声を含む)

月の利用料金:au回線=2,800円(税込:3,080円)×24ヶ月=73,920円(税込)docomo回線=2,280円(税込:2,508円)×24ヶ月= 58,080円(税込)Softbank回線=2,800円(税込:3,080円)×24ヶ月= 73,920円(税込)

通話料:[일반]30秒/ 20円(税込:22円)【nuro mobile公衆電話を使用する]30秒/ 10円(税込:11円)

かけ放題:10分以内に複数回= 800円(税込880円)

2年間の通信コスト:au回線= 73,920円(税込)docomo回線= 58,080円(税込)Softbank回線= 73,920円(税込)

UQ mobile通信料金

回線:au回線

契約プラン:スマートホプとR(10GB)

月の利用料金:2,980円(税込:3,278円)×24ヶ月=78,672円(税込)

READ  「Appleは、環境のためにLightningを放棄し、iPhoneをUSB Type-Cに対応させて下さい」という主張 - GIGAZINE

通話料:30秒/ 20円(税込:22円)

かけ放題:時間制限なし= 1,700円(税込:1,870円)10分以内に複数回= 700円(税込:770円)60分固定= 500円(税込550円)

2年間の通信コスト= 78,672円(税込)

上記のリストから “OCNモバイルONE“の通信料金手頃な価格のがわかると思います。 しかし、 “OCNモバイルONE「通信事業者(MNO)から回線を借りてサービスを提供している “手ごろな価格のSIM(MVNO)“に属します。”手頃な価格のSIM「通信事業者でレンタルしている回線数が異なるため “通信速度「このまちまち。したがって、契約する前に、必ず実践」通信速度「が出ているかどうかを確認する必要があります。

OCNモバイルONE“は”手頃な価格のSIM“として”利用料金「次の気になる “通信速度“でMM総研が2020年2月に発表した調査結果(docomo回線通信速度)は、6社のうち断然 “1位“を獲得した。私はすでに”OCNモバイルONE「契約していますが、速度に不満を感じたことはありません。

つまり、 “OCNモバイルONE“として”スマートフォンを安く買う」というオプションは、長期的に見ても確かに “非常に有益“は、判断に間違いなし。スマートフォン本体価格通信料金を大幅に削減することができます。

さらに、 “OCNモバイルONE」、「MUSICカウント無料“という無料オプションまで提供しています。 “MUSICカウント無料」を利用すると、サポートされる音楽サービス通信がなんとノーカウントに。 つまり、容量を気にせずに音楽を聴いてまくれるということ。 通勤や通学に音楽を聴いているすばらしい通信量ができますよね。 それがすべて計算されません。さらに、無料で! 夢ですね。

無料オプション“は”MUSICカウント無料“だけではありません。また、”OCNモバイルONE“全国80,000以上のWi-Fiスポットを利用可能大容量のデータ通信を、そのWi-Fiスポットで実行するようにすれば、毎月のトラフィックを大幅に削減することができます。 ユーザーが費用をどこまで高めることができる」OCNモバイルONE“多くの”手頃な価格のSIM「中でもひときわです。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close