エンターテインメント

「ようこそ」を書いた橋田は、多くのヒットドラマ95歳死亡

TOKYO(AP) – 国際的に有名なTVドラマ「ようこそ」で有名な日本の著名な脚本家橋田壽賀子がリンパ腫で死亡しました。 享年95歳。

ハシダヌン今年の初めから病気で治療を受けました。 標識に「ようこそ」をはじめとする多くのドラマに出演した俳優ピンコ泉によると、彼女は日曜日東京西熱海の家で死亡した。

朝鮮半島の日本の植民地時代の1925年に韓国で生まれたハシダヌン1930年代後半、日本に移住して、大阪で育った。

彼女は1949年に松竹映画スタジオに入社する前に、NHKの公共テレビで1983-1984年に放映された大人気の朝ドラマシリーズ(アスタリスク)ようこそ(アスタリスク)を含むテレビドラマのフリーランスのシナリオライターがいます。

仮想のドラマは有名なスーパーマーケットチェーン店を共同設立した日本の女性の電気をもとに子供の頃から1980年代の最後の日まで、複数回の苦難を経験しました。

「ようこそ」は、全世界の60カ国以上で放送され、高い評価を受けました。

彼女の他の人気ドラマでは、1990年に開始し、500回以上のエピソードを放映した家族ドラマである「Making it Through」(渉歳ケンワのでばかり)があります。

「ようこそ」と「渉三ケンワのでばかり」にあった俳優泉は死んだとき橋田の枕元にあったと述べた。

泉は日本のメディアとのインタビューで、「お母さんに「ママ」と言ってしばらく目を覚ましたが、再眠ったようだった。

Hashidaは尊厳に死ぬ権利を要求する本を書いた。 彼女の要求に応じて葬儀はないでしょう。

ハシダヌン昨年に日本文化勲章を受けた。

READ  日本の緊急事態が継続されても、東京オリンピックが開かれたとIOC関係者は主張している

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close