技術

「M1ベースのMacでArmのバージョンのWindows 10は、動作可能である。すべてのマイクロソフトように “アップル幹部が言う – Engadget日本版

アップル独自開発Appleシリコン」M1」チップベースのMacには、会社の幹部がArmのバージョンのWindows 10を動作させることは技術的に可能であると認めて、それを実現するのは、「マイクロソフトかかっている」と発言したのは、この報道されています。

M1搭載した新型Macは、既存のインテルチップと他のアーキテクチャにより、BootCamp(MacにIntelのバージョンのWindows 10をインストールして起動すると、macOSとWindows転換される機能)は不可能になったと見ることができます。

その代わりに有力視されているが、M1と同じCPUアーキテクチャを対象としたArmのバージョンのWindows 10のインストールです。 しかし、記事執筆時点でMSは、このOSをプリンスインストールのためのPCメーカーにライセンスするだけで、個人が自由にインストールできる製品とライセンスを提供していません。 MSは、6月に「OEMのみ許可しています。」と答えるだけで、将来的に個人に提供もしていないと明示しない意味を持たせました。

ところが、今回の新しい発言は、アップルのソフトウェアエンジニアリング担当VP(上級副社長)クレイグ・フェデリギさん、製品マーケティング担当VPのグレッグジョーズ位アクトさんとハードウェア技術担当VP(チップ開発のトップ)ジョニースロウか氏の3人が、米国Ars Technicaのインタビューに応じた中から飛び出したもの。ほとんどの話題は他の媒体でも言われたことをと書いてありますが、「M1ベースのMacでWindowsバイナリの動作」の話が狂っこと風変わりところです。

フェデリー機氏は、システムでネイティブに実行されるWindows(つまりArmのバージョンのWindows 10)について、「本当にMSにかかっている」と答えた。また、「私たちは、ArmのバージョンのWindowsを実行するためのコア技術を持っており、もちろんx86ユーザーモードアプリケーション(32ビットアプリケーション)をサポートしています。 ただし、ユーザーがMacで使用できるようにライセンスを提供するかどうかは、MSが決定します。 いずれにせよ、Mac確実それすることができる能力を持っています。 “と言います。

また、フェースデリー機氏は、将来のクラウド版のWindowsが使用できる可能性を示唆してM1搭載Macで、x86のWindowsアプリケーションを実行することができクロスオーバーにも言及しています。

「M1搭載Macで仮想Windows環境を実現」といえば、米Parallelsも積極的に取り組んでいるかどうか明らかにしました。 仮想化ソフトウェア企業には死活問題への熱望は当然ですが、アップルもMacでWindowsアプリケーションを使用したい要求を重視しているのかもしれません。

出典:Ars Technica

READ  国産オープンワールド3Dアクション「Faye / Sleepwalker "Steamで2020年12月配信。 2つのモードを切り替え戦う爽快なハイスピードアクション| AUTOMATON

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close