エンターテインメント

アキと親交が深い記者が緊急寄稿「マコ様 発表で「国民の祝福」と「金銭問題」はどうなるのか? “|文春オンライン

宮内庁は11月13日に結婚が延期される秋篠宮の長女マコ様(29)と小室ケイさん(29)の結婚のために二人の「気持ち」を文書で公表した。

2020年マコ様の誕生日の際の注意・グニョン宮内庁提供

今回の「気持ち」は、結婚は「必要な選択です」とした後、「今後の計画等については、今の時点で具体的なことを知らせることは困難な状況です」と書かれている。

この「気持ち」の発表を受け、20年以上秋篠宮さまと親交のある毎日新聞編集委員森敬治氏に2019年の記事を再掲載依頼をした結果、「気持ち」を発表翌日森氏は、次の文を編集部に送った。

眞子内親王の文書が公開されたことを受け、「文春オンライン」編集部では、私1年半前、19年4月に寄稿した記事を急いで再び掲載すると連絡を受けた。この記事は、眞子内親王の結婚問題について文春オンライン上で調査を実施。 その結果の私の考えをまとめたものである。 新しい状況であるが、眞子内親王の結婚問題を理解するために、少なからぬ役に立てた。

宮内庁が13日発表した文書は、「今後の計画等については、今の時点で具体的なことを知らせることは困難な状況です」との距離残念ながら具体的な説明は見えない。結婚したい二人の心は知っているが、さすが現実的にこれから結婚までの過程が順調に進むのか。また、二人の結婚に不安を感じる多くの国民がこの記事で納得のだろうかと私は少し考えて感じている。

納采の意識は確認されない場合アキは明確に説明した

18年11月には、アキの誕生日を控えた記者会見で、「この二人も私伝えましたが、やはり今いろんなところで話題になっていること、これについては適切に整理をして、問題を削除するという点(が必要)になるかもしれません。そして、それと共に、やはり多くの人がそのことを納得喜ぶ状況、そのような状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に該当納采の意識とすることはできません」と答えた。

小室家が金銭問題を解決し、多くの国民が納得喜ぶ状況にならなければ、二人の正式な婚約に該当納采の意識は確認されない場合アキは、国民に明確に説明したものである。 この馬、今も変わらず生きていると思う。 しかし、眞子内親王は、この父の考えをどのように解決しようとしているのか、また、具体的な方法などは、今回の記事では全く言及していなかった。

父である秋篠宮は調理に人である。 曲がったことが嫌い父親が果たして2人についてどのように忠告するのか。 また正直、結婚に対する考えはどんなものか。 秋篠宮の本音を聞きたい気がする。

以下、森氏が2019年4月に緊急寄稿した記事を再公開する。 (※記事中、年齢、日付、肩書きなどは掲載時のままです。初版2019年4月24日)

2017年9月3日、婚約内定の記者会見で、振り子様と小室ケイ氏©JMPA

秋篠宮夫妻と振り子様の話は……

ミジュウル深化眞子内親王と大学時代の同級生で法律事務所の従業員小室ケイさんとの結婚の問題。 進展のない大きな原因は小室氏の母親と元婚約者との間の400万円を超える金銭の問題であり、このような一連の責任を感じて小室氏が「結婚を控えたい」と出ることはないそうだ。 むしろ米国に留学、国際弁護士を目指していると伝えられた結婚をする気満々のようにも看破。 秋篠宮夫妻も結婚について眞子内親王との会話が思うように進んでいないようだ。

NYのフォーダム大学ロースクールに通う小室ケイ氏©教徒

今の秋篠宮夫妻に頼りになるのは、多くの国民の支持の声である。

READ  沢尻エリカ「薬物使用」逮捕呪い再演... "芸能人のスキャンダル」ニュースランキング - まいじつ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close