アニメ映画が日本の2023年ボックスオフィスランキングを掌握しました。

Estimated read time 1 min read

火曜日に、 日本映画製作者協会 2023年に日本で上映された映画収益を発表した。

最高の収益を上げた映画4本はすべてアニメでした。 最初のスラムダンク リストの1位を占めました。 先立って売上高159億円を記録した。 スーパーマリオブラザーズ映画、これは140億2千万円を記録しました。 3位はToho's 名探偵コナン黒鉄潜水艦 (138億円)、宮崎駿がその後に続いた。 男の子となぜ (88億4千万円)。 上位5位を完了したのは キングダム3:運命の炎。

日本のボックスオフィスは3.9%増加し、ファンデミック以来最高値の2,215億円(15億ドル)を記録し、映画館入場料は2.3%増加した1,550万人を記録しました。 昨年国内映画総676本が市場シェア67%を占め、約1480億円(10億ドル)を占めた。 2023年の最高収益トップ10の映画のうち8つが日本で制作されました。 ゴジラマイナスワン、11月に出てきました。 しかも スーパーマリオブラザーズ映画トップ10に入った唯一のハリウッド映画は次のとおりです。 不可能な使命 推測航法第1部。

#nobarbenheimerバルベンハイマー

バービーは上位50位にも入らない

上位10位に入った他の3本の映画は次のとおりです。 謎と呼んではいけない:映画東京MER:リムーバブル緊急室:映画 そして ドラえもん:のび太の穿孔ユートピア。 バービー2023年に世界最高収益を上げた映画であり、歴代最高収益を上げた実写コメディ映画人は日本では上位50位にも入らなかった。 昨夏ここで批判を受けたことがある。 バービー アメリカのTwitterアカウントは、広島と長崎の原子爆弾を凄く考えているという非難を受けたバルベンハイマーミームを掲示したファンたちと肯定的にコミュニケーションしました。 問題の別の映画、 オッペンハイマー2024年3月29日日本公開予定

2023年日本最高収益を上げた映画:初のスラムダンク

2023年日本アカデミー今年のアニメ賞受賞作 最初のスラムダンク 昭北高校バスケットボールチームの17歳ポイントガード宮城両太と彼のチーム仲間たちが才能あるインターハイバスケットボールチャンピオンである三野高校高校に挑戦する過程に従います。 象徴的なバスケットボール漫画シリーズを作った井上竹彦が脚本と監督を務めたこの作品は、2022年12月3日に日本で劇場公開されました。 現在歴代5番目に高い収益を上げたアニメ映画です。

関連投稿

READ  任天堂、「スーパーマリオブラザーズムービー」でマリオの元ボスの日本名を変更
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours