インタビュー住友不動産開発、有望なムンバイプロジェクトスポンサーとインド・日本協力の約束

Estimated read time 1 min read

インド 今日、世界で最も急成長している大規模な経済です。 日本の狂的な発展速度は、日本の急速な経済成長時代を連想させ、これは外国人投資家を引き付けています。

2022年3月、国務総理 岸田文夫 誓った 日本は今後5年間、インドに5兆円(米ドル338億ドル)を投資する予定だ。 この約束は、両国間の経済パートナーシップの拡大の一環でした。 住友不動産開発'S ムンバイ中心部の事務所ビルと小売施設の開発に少なくとも7000億円(47億3000万ドル)を投資する計画はこれにかなりの貢献をします。

これに関して、 ジャパンフォワード Sumitomo Realty & Developmentの取締役兼専務取締役と会話を交わしました。 片山久里。 彼は、インドと日本との協力という文脈で、現在進行中のプロジェクトと今後のプロジェクトに関する会社の計画を共有しました。

抜粋内容は以下の通りです。

日本 – インド関係シリーズの一部

片山久、 住友リアルティ&デベロップメントの取締役兼上級専務理事が、シビジョージ大使の東京駐在インド大使館訪問を歓迎します。 (©イクウミオの産経)

住友不動産開発がインドに投資

他の海外旅行先ではなくインドを選んだのはなぜですか?

日本以外の事業のため、東京の隣にある第2拠点について長年にわたって市場調査を行った結果、インドが頭角を示しました。 これは、市場規模と開発制約の観点から、世界の他の地域の目的地よりも私たちに感銘を受けました。 また、長期的に安定した売上と成長を確信できる市場でした。

インドの経済成長と活力は間違いない。 世界各国の多国籍企業もインド進出のために急いでいる。 これにはヨーロッパ、北米、日本の企業が含まれます。 そのため、高品質でよく管理されたオフィスリーススペースの需要が急務です。 さらに、これらの需要は今後数年間でさらに増加すると予想されます。

多くの大規模な多国籍企業がすでにインドにオフィスを構えています。 しかし、これらのオフィスは、スペースが多い郊外にあるか、より中央の場所に非理想的な一時的な配置に基づいています。 したがって、インドでは、よく建設され、よく管理されているオフィスビルのための膨大な未開拓需要があります。

インドにオフィスビルを建てる現地開発者はいませんか?

インドは金利が非常に高いため、地元の開発者が自ら長期不動産開発プロジェクトを進めることは困難です。 商業用および住宅用の開発者は、資金の回収を加速するために、これらの施設を小さな部分に細分化し、個人の購入者に販売することがよくあります。 その結果、単一の開発者が建物全体を所有し管理することはほとんどありません。

建物のオフィススペースを借りたい会社は、さまざまな所有者と複数の契約を締結する必要があることがよくあります。 これは理想的な状況ではありません。

Sumitomo Realty & Developmentは、オフィスビルの開発と管理の分野で幅広い経験を持っています。 これは、この市場に参入し、存在する満たされていないニーズを満たすのに最適な場所にあります。

インドの他の都市ではなくムンバイを選んだのはなぜですか?

ムンバイはインドの商業首都です。 インドに拠点を置く多くの多国籍企業は、ムンバイの中心部に本社を設立したいと考えています。 したがって、この都市のオフィスビルに対する需要は他の追随を許さない。

もちろん、ニューデリーやベンガロールなどの都市も主要商業中心地です。 私たちは研究の一部だけでなく、それらを調べました。 しかし、これらの都市の中心部に位置する地域では、開発のためのかなりの規模の土地を見つけることは困難でした。

ムンバイの場合、私たちは市内の主要な場所にある3つの大規模な土地を確保するための幸運を得ました。 Bandra-Kurla Complex(BKC)は有名なビジネスエリアです。 住宅もあります。 インド国立証券取引所、多くの銀行の本部および他の多くの小売および文化施設。 Worliには住宅、小売、エンターテイメント施設が混在しています。

Sumitomo Realty & Developmentは、BKCにレンタルオフィスビル2軒とWorliに超高層複合用途都市開発プロジェクトを計画しています。 後者には、オフィス、ホテル、小売施設が含まれます。

インドの課題

外国の不動産開発者のためにインドでビジネスをするとき、どんな困難がありますか?

インドの不動産開発者にとって最大の困難は土地取得です。 歴史的、社会政治的な理由から、インドから土地を取得することは非常に複雑で危険です。 主要都市の周りの土地価格も膨大で、土地所有者は価格交渉を消極的にします。

もう一つの問題は、土地所有権が不明確な場合が多いという点だ。 つまり、開発者は、所有権を主張する当事者から複雑な訴訟に巻き込まれるリスクに直面することになります。

したがって、インドの不動産開発者のビジネスの見通しは非常に明るいですが、ほとんどの企業では参入コストが非常に高いです。 Sumitomo Realty & Developmentは、Bombay DyeingのWorliシーンを買収するのに大きな幸運をもたらしました。 彼は約150年間、そのサイトの以前の所有者でした。 BKCの他の2つのサイトは、MMRDA(ムンバイ首都圏開発庁)から80年の賃貸契約を結んでいます。

Sumitomo Realty & Developmentは、インド西部のムンバイ・ウォーリー地区に超高層複合用途プロジェクトを建設しています。 (住友不動産開発提供)

今後のインド事業拡大計画とは?

BKCとWorliで進行中の開発プロジェクトを合わせると、総床面積が120万平方メートルを超えることになります。 これには約7000億円の投資が含まれます。 BKCのプライムオフィススペースのレンタル料は東京の中心と似ているため、投資収益率は東京のほぼ2倍になると期待されています。 これは、インドが東京に次ぐ重要な海外拠点として、私たちにとって非常に有望な理由です。

現在、私たちの焦点はBKCとWorliプロジェクトにあります。 しかし、私たちは最終的に再開発やその他のビジネスに関する専門知識を活用して、インドでの地位をさらに拡大することを願っています。

住友不動産開発の取締役兼専務理事である片山久は、日本駐在インド大使館で施肥ジョージ大使と会話を交わしています。 (©イクウミオの産経)

持続可能なパートナーシップの構築

インドのコミュニティと持続可能な発展に貢献するための計画は何ですか?

ムンバイを含むインドの多くの都市は、極端な大気汚染から洪水管理の欠如まで、さまざまな問題に直面しています。 日本は洪水管理施設に優れている。 日本を訪れるインドの管理者は、洪水の方向を変えるために東京の巨大な地下トンネルネットワークを見学するよう求められます。 したがって、水管理は日本の技術を活用して地域社会に貢献できる分野の一つです。

Sumitomo Realty & Developmentが実行したい多くの計画があります。 たとえば、トイレで使用するために水をリサイクルし、再生エネルギーを使用して建物の空気を濾過することです。 これは、まず私たちの建物で再生可能なポートフォリオ規格を満たすのに役立ちます。 しかし、私たちは最終的にこの分野での努力を拡大し、より広いコミュニティに貢献できることを願っています。

インドには大企業の社会貢献文化が強い。 Sumitomo Realty & Developmentは、インドで地位を築きながら、これらの文化の一部になることを非常に望んでいます。

日本がインドとの経済パートナーシップを通じて利益を得る方法は?

インドが日本の以前の経済発展経験から利益を得ることができる方法は多いが、情報技術のように現在インドが日本を先取りしている分野も多い。

インドのどこに行っても、自信と推進力に溢れる人たちを見てください。 国としても、インドはますます世界の舞台で注目を集めています。 したがって、私はこれがインドと日本が同等のパートナーとして協力する機会だと思います。 私たちは皆、トップに向かって努力しながら、お互いから学び、利益を得ることができます。

この記事はの協力で掲載されました。 住友不動産開発

関連:

インタビュー作成者:ナイトヤスオ(JAPAN Forward)編集長

READ  「COVID-zero」封じ込められた中国経済は急速に鈍化
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours