経済

インド、日本、情報通信分野のパートナー

インドと日本は、情報通信技術(ICT)分野で二国間の協力を強化することで合意しました。 これに関連協力覚書(MoC)は本日、インドのIT長官ラヴィシャンカールプラサドと日本総務部長官である武田良太が事実上署名した。

「情報通信技術分野での協力覚書」は、閣僚で最初に締結され、5G、人工知能(AI)、海底ケーブルネットワークなどICT分野のフレームワークやコラボレーションを設定します。 日本大使館関係者が発表した。

武田、日本長官は「日本では農業、輸送、災害リスクの軽減などの分野で5Gを活用するために様々な努力を傾けています。日本は私たちの経験と専門知識を共有し、インドで5Gを正常に導入するために協力するだろう」と言いました。 機会。

この協定は、関連する人的資源の開発、新興企業を含む日本とインドの産業との間の対話を促進し、他のICT関連の問題を含む通信セキュリティなどの分野をカバーしています。

2014年、日本 – インドのICT包括的協力フレームワークは、すでにICTを協力の優先分野の一つとして持っています。 2020年8月にNarendra Modi首相が着手したプロジェクトであるチェンナイとAndaman&Nicobarの間に海底光ファイバーケーブルを設置した日本企業NECでした。 同様にAIの分野でも、また他の日本企業Olympusと協力しています。 ハイデラバードのアジア消火器研究所でAIサポート診断を導入しました。

Takedaは「COVIDスタイルをデジタル変換がさらに重要になっているという認識がますます大きくなっています。社会全般にわたってデジタル移行を促進するために、インドとICT協力プロジェクトにさらに参加したいと思います。」とTakedaは言いました。

インドと日本は、来年修交70周年を迎える。 MoCは記念してに向けた両者の協力を強化するために、両国がとった措置の一つです。

また、お読みください:予算2021:PSUの株式売却; 経済浮揚のために支出を優先するとRaghuram Rajanは言います。

また、お読みください:Kiran Mazumdar-Shaw、アメリカ – インドのビジネス協議会副会長に選ばれ

また、お読みください:すぐにローンアプリ逮捕:中国リンクは何ですか?

READ  JR西日本「銀河」が運行開始! 斎藤ゆきと試乗レポート[PR] | Lmaga.jp

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close