経済

インフレ? 日本にはありません。 そして、それは米国の警告になることがあります

TOKYO – 米国では、誰もがインフレについて話しています。 コロナウイルス感染症から国が再開され、木材のような原材料で中古車のような中古品に至るまで、すべてのものの抑圧された需要が触発されて、10年ぶりに最も速い速度で価格が上昇しました。

しかし、日本は正反対の問題を抱えている。 消費者はUniqloパーカで金が私の熱いならボウルに至るまで、多くの製品の詳細については以下の費用を支払っています。 米国の平均物価は、過去1年の間に5.4%上昇した一方、日本経済はデフレ圧力に直面しており、5月の物価は前年比​​0.1%下落しました。

日本の状況は、買い物客を家に留まるたコロナウイルスとの継続的な闘争にある程度説明することができます。 しかし、より深い勢力も作用しています。 ファンデミク以前には日本が長期的な目標である2%のインフレを達成していなかったため、変動が大きいエネルギーと食品部門以外の価格は数年間、ほとんど変動がありませんでした。

努力が不足してはなかった。 ほぼ10年以上の期間の間に、日本の政策立案者たちは、価格の上昇を誘引するためにエコノミストの戦略のほとんどすべてのトリックを使ってきました。 彼らは安いお金で経済に活力を吹き入れて、公共事業などの財政刺激策に莫大な金額を費やすし融資をほとんど無料にするレベルに金利を下げた。

しかし、日本が難しい方法を学んだように、低インフレは、経済的苦境になることがあります。 そして、その経験は、多くの経済学者が期待するように、現在のインフレが緩和され、経済がファンデミク以前の弱いインフレ周期戻り場合、米国に警告を送信します。

日本経済を研究したミシガン大学の公共政策と経済学准教授であるジョシュア・ハウスマンは、「私を含め、ほとんどの経済学者は、FRBは金利引き上げを含めて、インフレを下げる方法を知っているとかなり確信してます」と言いました。

しかし、「部分的に、日本の経験のために、私たちは、インフレを非常によく引き上げる方がはるかに明確ではない」と彼は付け加えました。

消費者に価格の下落は良いことのように聞こえます。 しかし、ほとんどの経済学者たちの観点から見ると、それらは問題です。

彼らはインフレが経済のギアを肥やしと言います。 小額で企業の利益と賃金を増加させ、成長を促進します。 また、負債負担を軽減大学ローンや住宅ローンのコストを下げることができます。

この問題を研究したニューヨーク大学の経済学教授であるマークだろラー(Mark Gertler)は、日本がインフレを引き上げないのは「職業で解決されていない最大の問題の一つ」と言いました。

国の問題に対する大衆的な説明の一つは、低価格のために、消費者の期待があまりにもしっかりなって、企業が価格を引き上げることが基本的に不可能であるということです。 経済学者はまた、日本の高齢化とグローバル化による需要の弱体化を指摘し、安価で豊富な労働力で、先進国の消費者のコストを効果的に下げることができます。

したときの写真がたくさん変わった。 1970年代半ば、日本は25%に迫る、世界で最も高いインフレ率を示しました。

一人ではなかった。 1970年代の石油危機によって開始された暴走する価格は、金融の安定のための最も可能性のある脅威が急速インフレであり、金利がそれを退治するための最良のツールと信じるように手入れされたすべての経済学者たちに、その時代を定義しました。

しかし、1990年代初め、日本は他の問題を経験し始めました。 高騰する株式市場と蔓延不動産投機による経済バブルがターました。 価格が低下し始めました。

日本はマイナス金利を使用して支出を奨励して、大規模な資産購入を介して経済に資金を投入するなど、革新的な政策で問題を攻撃したが、これを量的緩和と呼ばれます。

少し良いようでした。 しかし、当時の経済学者たちは、日本の経験を世界に警告ではなく、誤った政策選択と文化ギイハムに起因する異常現象で見た。

2008年の金融危機と世界のインフレ率が急落して、他の中央銀行が量的緩和を導入しながら、状況が変わり始めました。

問題は、2009年以降、インフレが平均1.2%であり、経済成長が弱く、一部の金利が数年間マイナスを維持している、ヨーロッパで最も顕著になりました。 同じ期間に、米国のインフレは平均2%未満でした。 FRBは2020年3月からの基準金利をほぼゼロに近い維持しています。

一部の著名な経済学者は、低インフレを米国とEUの経済が低インフレ、低金利、低成長に特徴を建てることができる、いわゆる世俗低迷(secular stagnation)に直面することができるという信号に見えた。

彼らは両方の経済がすべて灰色に変わり始めながら、これらの傾向が深化されて、潜在的に需要が減少して貯蓄率が上昇するとの懸念している。

2013年に新たに選出された安倍晋三(Shinzo Abe)首相の下で、日本は弱い経済成長と低インフレを解決するための最も野心的な努力を開始しました。

政府は借り入れを奨励し、経済のより多くのお金を投入するために膨大な量の株式を買い入れで金利を下げるの大規模な通貨と金融刺激策の巨大な実験に着手しました。 現金供給が増加するにつれて、比較的価値が下落して、実質的に価格が上昇するだろうと思っています。 お金がノムチミョン消費者と企業の両方より多くのお金を使うことです。 出来上がり、インフレ。

支出を奨励するために、日本には、次のような政策を採用しました。 今後のご案内、インフレ目標である2%を達成するために全力を尽くすことを約束したように、価格が上がると、人々を説得することを目的としています。

しかし、日本の銀行副総裁兼大和研究所所長である中小宏(Hiroshi Nakaso)は説得のための政府の努力が不足したため、支出が急がなかったと言いました。

日本経済財政政策協議会で働いてコロンビア大学の国際と公共の問題教授伊藤孝俊(Ito Takatoshi)は、日本が悪循環に陥っました。

彼は、「消費者が物価安定と物価上昇率ゼロ」を期待するようになり、「企業が物価上昇を恐れになるが、これは消費者の関心を呼び起こして反発する可能性があるからだ」と付け加えた。

景気低迷で企業が賃上げを躊躇させた」とし「実質賃金が上がらなかったので、消費が増えなかっただろう。 そのため、製品やサービスの需要が増加していない。 “

インフレがほとんど動かなかったので、いくつかの経済学者は、日本の景気浮揚策が世界で最も大きな債務を抱えているにもかかわらず、あまりにも保守的であったのでは困惑しました。

政策立案者たちは、国の負債を返済し増加する人口の高齢化の世話をする費用をカバーする必要性に言及しながら、国の消費税を二倍に引き上げて支出をヘッジして明らかに需要を弱めるました。

最終的にはアベノミクスで知られている安倍首相の実験は、期待ほど成功でなかったこともあります。 しかし、日本の金融政策を研究するロサンゼルスのロヨラメリーマウント大学の政治学教授であるジーン泊(Gene Park)は、これがファンデミクの政策立案者たちの対応に影響を及ぼしました。

彼は一つの示唆は、政府がインフレの急激な上昇なしに可能であると考えていたよりも多くの支出することができる点だと言いました。 もう一つは、成長を促進するために必要であると思っていたよりもはるかに多くの費用を支出する必要がありということです。

朴大統領は、日本が「米国がより抜本的な対策をしようとすることができる自由をもっと与えた」と述べた。

ファンデミク期間中、日本も2013年から学んだ教訓を適用しようと努力しました。

政府は店やレストランにお金を支払うことでドアを閉めて、全国のすべての人に現金を配って、困難を経験している企業のための無利子融資をサポートしました。

とにかく価格が下落しました。 これは部分的に政府自体の命令で、最近の通信会社に高すぎると思われる携帯電話の料金を下げるように圧力をかけました。 ほとんどの日本の消費者はまだコロナウイルスワクチンの接種を待って経済活動を抑制しています。

しかし、ファンデミクが本当にされた後も、日本の物価上昇率は低く維持されるだろうと、東京慶應義塾大学の経済学教授であり、日本の銀行理事を務めた白井さゆり(Sayuri Shirai)が言いました。

最終的には、最大の問題は、変わりがないということです。 価格が停滞した理由を誰も確信していないということです。

「中央銀行は、おそらくインフレを制御することができないと言いたくはありません」とShirai氏は言いました。 「したがって、この問題は、明確な議論なしにそのまま放置された。 “

READ  日本の拷問は、排出目標を達成するために、炭素価格の急速な採用を促す| ロイター| 事業

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close