技術

オンキョウの衰退 日本メーカーの警告

日本の最高のオーディオ機器メーカーの1つであるOnkyoのロゴが刻まれたステレオシステム、スピーカー、その他の製品が主要な電子製品店の棚に並んでいるのはそれほど長くはありませんでした。

しかし、長年にわたり、電子大企業はますます困難な時期に陥っています。 その後、5月に温京ホームエンターテイメントが自発的破産申請をした。

温京の恵みの没落は、人々が音楽を聴く方法の変化を反映するだけでなく、日本の製造会社が共有する共通の問題である時代による変化の失敗を反映しています。 そしてそのような傲慢さは致命的かもしれません。

早稲田大学経営金融大学院経済学科の教授である大津あつしは「何の努力もせず、単に良い品質の製品を生産するだけで良い売上につながる時代は終わった」と話した。

温京が代表的だ。

Onkyoの全身は、第2次世界大戦が終わってから1年後の1946年大阪府で設立されました。 主力製品はスピーカーでした。

消費者が1960年代にビニールレコードを楽しんだ後、Onkyoはビニールを回転させる機械の生産に集中しました。 それはオーディオ機器ファンを熱狂させる高品質の製品の連続を発表しました。

Onkyoのプレイヤーは、低音から高音までバランスのとれた方法でサウンドを再生できます。 消費者は自分の記録が自然で真に聞こえることを高く評価しました。

贅沢と見なされますが、ハイエンドラインではないほとんどの製品は安くてヒット曲が立証され、様々な音楽愛好家がレコードを回転させることができます。

オンキョウは変化するトレンドに素早く対応しました。

オーディオ機器評論家のKenzo Konoikeは、「1990年代にCDが普及し、より小さなステレオシステムが流行し、Onkyoが他の人々よりも先に行動をとりました」と述べました。 「インターネット時代が到来したとき、ハードディスクとオンラインサービスに基づいたオーディオアイテムを出す速度と同じくらい速かった。 すぐに音源流通事業も始まった」と話した。

2000年代初頭にiPodが市場に投入されたのを見て、Onkyoは非常に早く有名なポータブルプレーヤーのためのスピーカーをリリースしました。

しかし、変化するトレンドのすべてにアシスタントを合わせることはできず、KonoikeはOnkyoが「大きな間違い」をしたと主張しています。

コノイケは「スマートフォンの普及により、購読提案が広く受け入れられている」と語った。

スマートフォンの登場は人々が音楽を聴く方法を大きく変えました。 Youngと他の人は、CDの代わりにYouTube、Spotify、Apple Music、その他の購読サービスで音楽を楽しんでいます。

そしてOnkyoは船を逃した。

日本レコード産業協会は去る12月日本の12~69歳消費者が自分の音楽をどのように聞くか調べた。

回答者は過去6ヶ月間音楽をどのように演奏したか尋ねました。 複数の回答が許可されました。

約4分の1はまだCDに依存しており、30%は購読アプリを使用し、45%はYouTubeを介して音楽にアクセスします。

CDとCD互換のステレオシステムの需要は長年にわたって減少してきましたが、スマートフォン接続プレーヤーとスピーカーは販売を増やしていません。

オンキョウだけが敗者ではなかった。

日本電子情報技術産業協会(Japan Electronics and Information Technology Industries Association)のデータによると、オーディオおよびボーカル製品の市場規模は2011年1521億円(11億1000万ドル)から2021年723億円に半減した。

この間、日本の3大サウンドギアメーカーの1つであるSansui Electric Co.が2014年に破産しました。 もう1つのPioneer Corp.は、2015年にオーディオおよびビデオ事業をOnkyoに売却するしかありませんでした。

Konoikeは、現在市場で利用可能な高性能音楽プレーヤーの数が増えるにつれて、製造業者は困難に直面していると述べた。

彼は「過去一部の製品は100点満点で50点または70点を受けた」と話した。 「今は99点のより安価な機械があり、アマチュアが高価な機械と安価な機械を区別することがますます難しくなっています」

しかし、高井池氏は、高価なラインに対する安定した需要が依然として存在すると強調した。

Konoikeは「99ポイント品目と100ポイントマシンの違いを意識する少数のオーディオ機器愛好家を対象とした製品が強い販売を享受しています」と述べました。

Onkyoが破産を宣言した5月13日、高価なEsotericブランドで有名な既存の音響機器メーカーであるTeac Corp.は、3月に終わる事業年度に前年より9.7%増加した160億円の連結売上を報告しました。 2022.

業績好調の原因としては輸出好調を挙げた。

Teacには、2019年に発売された280万円のCDプレーヤーなど、100万円以上の超高価な音楽プレーヤーが2台以上あります。

「伝統的な’ショー’、’チク’、’バイ’部門の観点から見ると、スマートフォンのない子どもたちを対象とする’スーパーショー’最上位カテゴリーの製品と共にバイ’最下位カテゴリーの製品、生き残った’と大阪が言った。 「チクミドルカテゴリーの製品はオーディオ機器業界から消えた」

Osanaiは、変化する市場の状況に応じて会社がある程度改革を推進しようとしたことを認めながらも、優れた製造技術に誇りを持つOnkyoの強い傾向を失敗の原因と指摘しました。

彼はそのような極端な製造品質の焦点が日本のメーカーの典型的な問題であると述べた。

Osanaiは「過去の成功は次の時代の硬直性に貢献すると言います。「残念ながら日本企業は洗練された技術を持っているため、過去の製造業の成功を忘れるのに時間がかかる場合が多いです」。

READ  Ravenの新しい「組織変更」で組合員の解体

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close