スポーツ

オーストラリアラグビーは日本に行かなければなら:Cooper

前ワラビーズスタークワッドクーパーは、日本ラグビーが強すぎて、オーストラリアとニュージーランドのスーパーラグビーチームが他の方法より競争で走ることを考慮すると言いました。

Cooperと彼の元Queensland RedsのチームメイトWill Geniaは現在、日本2部リーグのKintetsu Linersでプレーしており、その国でラグビーの質に驚きを隠せませんでした。

進行状況は、2019年ワールドカップで代表の成功に反映されて8強に進出する途中、スコットランドとアイルランドを勝ちました。

日本に拠点を置くSunwolvesは2016年にSuper Rugbyの導入されたが、チームは毎年困難を経験し、最終的に2020年の終わりに削減すると発表しました。

Sunwolvesは完了した4シーズンの間、合計8勝を記録した。

Cooperは、実験が正常に動作していなかったことに同意して、すぐに使用できるソリューションを探しました。 いくつかのオーストラリアおよびニュージーランドのチームが日本大会で試合をするようにします。

クーパーは、「多くの時間を私たちは、日本にチームを作ってスーパーラグビーで競争する機会を持つと考えている」と述べた。

「しかし、現在の非常に強力な競争は、日本リーグですので、私の考えでは、スーパーラグビーチームを招待して、ここに来て、そこに参加することです。

「私たちは、他の方法で試みた。Sunwolvesを投入したが、最高の経験はありませんでした。しかし、ここで(日本)のファン層は驚くべき会社の強みは、素晴らしいです。

「ここにいるすべてのものは、正しい方向に向かっているようです。どの時点で考慮すべきと思われる。

「オーストラリアのチーム2個、ニュージーランドチームの2つを統合することができます。 “

Geniaはまた、ニュージーランド、オーストラリア、日本のチームが参加する国家間の競争を見たいと思っています。

Geniaは「ここには、豊富な才能があります。」と言いました。

「日本はどこかの時点で、スーパーラグビーに編入する必要があります。私たちは、同じ時間帯にあり、良い選手を持っています。

「強力な極度のリーグチームSuntory、Kubotaを見ると、リストが座った状態でSuper Rugbyのチームと競争することになるでしょう。疑う余地がありません。」

GeniaとCooperは、日本での時間が大好きし、二人とも日本での滞在を延長することを望んでいる。

デュオは4月17日のプレーオフが日本のトップリーグに昇格する起動時に再動作します。

READ  シックスネイションズ2021:フランスが島へ本物の旅行

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close