経済

ゲーマーのためのヘッドフォンの売上高が前年比約14倍。 e☆イヤホンが2020年の年間売上ランキングを発表

イヤホンヘッドホン専門店e☆イヤホンで2020年の年間売上ランキング今日(2020年11月17日)発表した。それによると、ゲーマーのためのヘッドフォンの売上高が前年比約14倍のがされたことが分かった。

販売ライン製品に取り上げるのは、Razerの「クラーケン」「コンソール用Kraken X」「クラーケンアルティメット7.1」「ハンマーヘッドデュオコンソール」「脱穀機7.1」“Nari”「IfritとUSBオーディオエンハンサーバンドル」、Kingstonの「ハイパーXクラウドリボルバーS」、EPOS | Sennheiserの「GSP 600、Sennheiserの「PC 8 USB」などである。 タイでは、これを新型コロナ災害による巣ごもり需要によるものと分析している。
また、ランキングの詳細については、下記の資料文を確認して欲しい。

Razer「クラーケン」

画像集#003サムネイル/ゲーマーのためのヘッドフォンの売上高が前年比約14倍。 e☆イヤホンが2020年の年間売上ランキングを発表

Razer「Hammerhead Duoコンソール」

画像集#004サムネイル/ゲーマーのためのヘッドフォンの売上高が前年比約14倍。 e☆イヤホンが2020年の年間売上ランキングを発表

Razer「Thresher 7.1」

画像集#006サムネイル/ゲーマーのためのヘッドフォンの売上高が前年比約14倍。 e☆イヤホンが2020年の年間売上ランキングを発表

Razer「Kraken X for Console」

画像集#007サムネイル/ゲーマーのためのヘッドフォンの売上高が前年比約14倍。 e☆イヤホンが2020年の年間売上ランキングを発表

Kingston「ハイパーXクラウドリボルバーS」

画像集#008サムネイル/ゲーマーのためのヘッドフォンの売上高が前年比約14倍。 e☆イヤホンが2020年の年間売上ランキングを発表

EPOS |ゼンハイザー「GSP-600」

画像集#009サムネイル/ゲーマーのためのヘッドフォンの売上高が前年比約14倍。 e☆イヤホンが2020年の年間売上ランキングを発表

Razer “Nari」

画像集#010サムネイル/ゲーマーのためのヘッドフォンの売上高が前年比約14倍。 e☆イヤホンが2020年の年間売上ランキングを発表

Razer「Kraken-Ultimate-7.1」

画像集#012サムネイル/ゲーマーのためのヘッドフォンの売上高が前年比約14倍。 e☆イヤホンが2020年の年間売上ランキングを発表

SENNHEISER「PC-8-USB」

画像集#013サムネイル/ゲーマーのためのヘッドフォンの売上高が前年比約14倍。 e☆イヤホンが2020年の年間売上ランキングを発表

Razer「Ifrit-と-USB-Audio-Enhancer-Bundle」

e☆イヤホン、2020年の年間売上高ランキングを発表
コロナ流行にゲームが14倍、骨転移が10倍躍進
2020年1月1日〜10月31日集計

画像集#001サムネイル/ゲーマーのためのヘッドフォンの売上高が前年比約14倍。 e☆イヤホンが2020年の年間売上ランキングを発表

イヤホンヘッドホン専門店e☆イヤホンは、2020年の年間売上ランキングを発表します。 ランキングの対象期間は、2020年1月1日〜10月31日からe☆イヤホンの各実店舗(秋葉原店、名古屋大須店、梅田EST点、大阪日本橋本店)およびWebショッピングモール(自社サイト、Amazon、楽天など)の売上高に基づいて集計しています。

※なお、e☆イヤホンはApple製品の新品の取り扱いがないため、「AirPods」や「AirPodsPro」は含まれません

そのほかにも2019年1月1日〜10月31日、2020年1月1日〜10月31日の売上高を比較した結果、今年については、次のような結果となりました。

  • イヤホンの左右が独立し、完全ワイヤレスイヤホンの売上高は約35%増加しました
  • イヤホン全体の売上高に占める全体ワイヤレスイヤホンの割合が約40%から約50%に増加しました。当社の売上高のイヤホンカテゴリが50%以上であるため、全体の売上高の約25%を全ワイヤレスイヤホンを占めるまでに成長しました
  • ゲームヘッドフォンの売上高が1,300%増加した(売上高約14倍)
  • 骨伝導イヤホンの売り上げが約920%増加した(売上約10.2倍)
  • モノラルヘッドセットの売上高が約85%増加しました
  • ワイヤレススピーカーの売上高が約240%増加した(売上高約3.4倍)

全体の無線イヤホンの売上高は、2015年末にこのカテゴリーの製品が登場して以来、元の高騰に成長しました。 そして製品ラインナップの拡充とコロナ災害、その勢いがたくさんだけでなく、定番アイテムとして定着した感じです。

他のゲームヘッドホン骨伝導イヤホン片耳ヘッドセット、ワイヤレススピーカーの売上高の増加は、在宅勤務やWeb会議の機会の拡大、巣ごもり需要によるものと推測します。

売上高ランキング(全カテゴリー編)

1位:SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless 2」(全ワイヤレスイヤホン)
2位:SONY「WF-1000XM3」(完全ワイヤレスイヤホン)
3位:Noble Audio」FALCON」(完全ワイヤレスイヤホン)
4位:SONY「WH-1000XM4」(ワイヤレスヘッドフォン)
5位:ag “TWS03R」(完全ワイヤレスイヤホン)
6位:AfterShokz “AEROPEX」(骨伝導無線イヤホン)
7位:Razer “Kraken」(ゲームヘッドフォン)
8位:FiiO「M15」(音楽プレーヤー)
9位:SONY「WF-XB700」(完全ワイヤレスイヤホン)
10位:ag “TWS04K」(完全ワイヤレスイヤホン)

販売量ランキング(全カテゴリー編)

1位:Hi-Unit “HSE-A1000PN」(イヤホン)
2位:ag “TWS03R」(完全ワイヤレスイヤホン)
3位:Razer “Kraken」(ゲームヘッドフォン)
4位:SONY「WF-1000XM3」(完全ワイヤレスイヤホン)
5位:Noble Audio」FALCON」(完全ワイヤレスイヤホン)
6位:AZLA “SednaEarfit XELASTEC」(イヤホン)
7位:SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless 2」(全ワイヤレスイヤホン)
8位:final “TYPE E全体の無線専用仕様」(イヤホン)
9位:TaoTronics「TT-BH07」(ワイヤレスイヤホン)
10位:AfterShokz “AEROPEX」(骨伝導無線イヤホン)

売上高順位(全ワイヤレスイヤホン編)

1位:SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless 2」
2桁の数字:SONY「WF-1000XM3 “
3位:Noble Audio「FALCON」
4桁の:ag「TWS03R」
5位:SONY「WF-XB700」
6桁の数字:ag “TWS04K”
7桁の数字:SONY「WF-SP800N “
8位:Jabra「Elite Active 75t」
9位:AVIOT「TE-BD21f-pnk」
10桁の:SONY「WF-H800」

売上高ランキング(ワイヤレスイヤホン編)

1位:AfterShokz “AEROPEX」(骨伝導無線イヤホン)
2位:AfterShokz “OpenMove」(骨伝導無線イヤホン)
3位:AfterShokz “TREKZ Titanium」(骨伝導無線イヤホン)
4人:SONY「WI-1000XM2」
5等:TaoTronics “TT-BH026”
6桁の数字:TaoTronics「TT-BH07」
7位:AfterShokz “TREKZ AIR」(骨伝導無線イヤホン)
8位:Plantronics「Voyager Legend」(モノラルヘッドセット)
9桁の:TaoTronics「TT-BH07 MK2」
10位:Plantronics「Voyager 5200」(モノラルヘッドセット)

※e☆イヤホンのカテゴリー分類で「ワイヤレスイヤホン」は、ワイヤレス接続で全ワイヤレスイヤホンではなく、イヤホン製品の両方を含んでいます

売上高ランク(ゲーム編)

1位:Razer「Kraken」
2位:Razer「Hammerhead Duo Console」
3位:Razer「Thresher 7.1」
4位:Razer「Kraken X for Console」
5位:Kingston「Hyper X Cloud Revolver S」
6桁の数字:EPOS I SENNHEISER「GSP 600 “
7位:Razer “Nari」
8点:Razer「Kraken Ultimate 7.1」
9位:SENNHEISER「PC 8 USB」
10位:Razer「IfritとUSB Audio Enhancer Bundle」

そのほかにもe☆イヤホン年間売上ランキング特設ページは、有線イヤホンや有線ヘッドフォン、音楽プレーヤー(DAP)などの製品カテゴリ別に5位までの売上ランキングも公開しています。 一緒に参考になれば幸いです。
https://www.e-earphone.jp/user_data/annual_ranking_2020/

※上記URLは、11月17日AM11:00に公開します(各順位情報ページも同様です)

READ  ホンダの新しいEV Honda e、日本での価格と発売日が公開。 欧州よりかなり高い451万円から - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close