エンターテインメント

ゴレエダ監督、ベビーボックス映画でカーン映画祭に戻る

カーン、フランス(AP) – 「Shoplifters」監督Hirokazu Kore-edaは、社会周辺の不適応者に関する別のストーリー「Broker」としてカーン映画祭に戻ります。

今回は、日本、韓国、世界各地で使用されている他の人たちが、世話をするために新生児を匿名化する論争の余地がある「ベビーボックス」の使用に焦点を当てます.

「日本で最大の批判は、ベビーボックスのために母親が子供を育てる責任をあまりにも簡単に放棄できるということだった。 しかし一方で、一部の人々はこの箱が実際に命を救っていると言いました。 そうでなければ、子供たちは死ぬ可能性があるからです。」と彼は言いました。 「ただ映画の基盤となる興味深い議論だと思いました。」

監督はこの問題に対する関心が2013年にさかのぼるという。 「私が「父のように息子のように」を作った時でした。 日本の養子縁組制度を調査し、熊本県に日本で唯一のベビーボックスがあることを知りました。 だから興味を持って研究を始めました。 そして韓国にも同じ種類のベビーボックスがあるが、韓国が日本より10倍ほど多くの赤ちゃんをベビーボックスに入れるという事実を知ることになった」と話した。

続いて「2016年ソン・ガンホがブローカーとして出演した韓国型ベビーボックスを素材とした短編小説を構想した」と話した。

ソン(’雪国列車’、’寄生虫’、’王座’)のほかにもペドゥナ(’モンスター’、’木星の昇天’、’クラウドアトラス’)、カン・ドンウォン(’密会’)が出演する。 、” “The Priests”)、そしてIUとして知られている韓国のシンガーソングライターイ・ジウン。

‘ブローカー’は監督の6番目の黄金やし賞受賞作だ。 彼は2001年「街」でカンヌ映画祭最優秀賞候補に上がり、2004年「誰も知らない」、2013年「私たちの妹」でもう一度候補に上がった。

日本監督は2013年、「父のように息子のように」でカンヌ国際映画祭審査委員賞を、2018年映画祭で「ちょっと泥棒たち」で黄金の奨励賞を受賞した。

未婚の母親は、婚外妊娠が不適切であると考えられ、韓国で長い間汚名に直面してきました。 彼らはしばしば圧迫を受ける。 そして厳しい性差別的で保守的な文化、彼らにとって不利な出生登録法、ほとんどの民営化された養子縁組産業のために子供たちをあきらめるのは恥ずかしいです。

「彼らはシステムによって不利な状況になる可能性があります」と彼は言いました。 「そしてお母さんはもう父親がいないので、非難しやすい人です。 それで彼は批判を避けました。」

映画が今日家族になることが何を意味するのかについての質問を投げるかという質問にゴレエダはその話を「サイビー家族の話」と呼んだ。

しかし、この場合、もっと重要なのは、母親ではないものを選んだ2人の女性です。 彼らは物語の中心にあり、捨てられたこの人生もある。 それで、この場合、家族よりも人生は映画の中心でした。」

___

カーン映画祭の詳細については、https://apnews.com/hub/cannes-film-festivalをご覧ください。

READ  Cursed By Light Clip機能ZeldrisとGelda

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close