サッカー| セルティックFCの日本の影響は、2022-23シーズンの終わりに続く。

1 min read

グラスゴー―38試合リーグキャンペーンに22試合、 セルティックFC スコットランドプレミアシップの頂上から最も近い挑戦者であるレンジャーズを9点車で先取りしています。 ここにプラス52の健全なゴールの違いを追加すると、ケルトがホームフロントでどれだけ優勢であったかがわかります。

この試合のうち、なんと20回の試合でたった1回の敗北(9月18日セントミレン遠征)と1回の引き分け(1月2日レンジャーズ遠征)で勝利しました。 どんなライバルも追いつけない忙しいスピードです。

今シーズンの日本影響概要

このうち昨シーズンセルティックと一緒にした日本スター4人のうち3人が高い水準の活躍を繰り広げている。 はたてレオ教高古橋 そして 前田大善 みんなしっかりした備品です アンジュポステコグルの最も強力な選抜ラインナップ。

昨シーズンでもそうだったように 出口吉介 健康を維持するために運がなかった。 このミッドフィルダーは7月のプレシーズンの足の怪我をして、今シーズンのケルトではプレーできませんでした。

Ideguchiは不幸だったが、彼の同胞はスコットランドで最高の飛行で評判をさらに高めています。 1年を通してサッカー界に存在する蔓延した移籍推測の対象になるにはそれほど長くかからないかもしれません。 私は裕福なヨーロッパリーグのクラブがセルティックの日本のトリオを見ていると確信しています。

2022-23年現在まで、波立、古橋、前田のプレミアシップ成績レベルについてさらに詳しく見ていきます。

レオハッタテが2022年12月21日、セルティックパークで行われたリビングストンとの試合でボールをコントロールしています。 (ラッセルチェーン/ロイター)

はたてレオ – なくてはならない存在になる

Premiershipで20回出場した25歳のミッドフィルダーは、すべての上位チームがエンジンルームに置きたいタイプの選手に急速に成長しています。

3ゴール6の助けを記録している波立は、継続的にボールを所有し、チームの所有権を維持することによってあまり知られていないサッカーの側面に貢献しています。 急速に進んでいるスコットランドゲームの物理的な環境の中で、海外から来たプレイヤーにとっては決して偉大な偉業ではありません。

広告

波立はミッドフィールドで優れているだけでなく、汎用性を実証しました。 彼は12月24日、セントジョンストンとの戦いでケルトのフルバックが怪我の危機に瀕していたときに右の擁護者を埋めました。 その日、彼は2ゴールを決め、ポジション以外のプレーにもかかわらず最優秀選手に選ばれました。

「Reoは他のプルバックの基準をかなり高く設定しました」とPostecoglouは言いました。 ケルトテレビ。 「Reoの功労です。彼は本当に懲戒を受けなければなりませんでした」。

監督は「私はそれを創造的にしなければならなかったが、私たちがプレイする方法は彼が十分に規律を握っていて、私たちに前進する何かを与えたと思った」と付け加えた。

クラブの主張 Callum McGregor と Matt O’Riley の隣で通常 3 人のミッドフィルダーでプレーする Hatate は、McGregor が負傷で数試合を結んだときに少しの追加責任がありました。 McGregorを除くと、より中央でプレイするように求められたHatateでした。

彼の追加の信頼とミッドフィールドプレイのあらゆる面で彼の一貫したパフォーマンスレベルで、Hatateはセルティックが一日中高い移籍を受けることができる選手です。 今は引き続き感動を与えています。 彼は最終的にセルティック内で今年の選手賞を受賞することができ、シーズンの終わりにスコットランドプレミアリーグに進出することもできます。

教高古橋(KYODO)

Kyogo Furuhashi – ゴールスコア優秀

20試合で17ゴールを決めたのは、すべてのリーグのすべてのフォワードに大きな収益です。 フルハシは今シーズン、スコットランドで得点王の競争をリードしています。 HeartsのLawrence Shankland(16)、RangersのAntonio Colak(11)、AberdeenのBojan Miovski(11)が彼の最も近い追跡者です。

フルハシは今シーズンで健康を維持し、彼の仕上げ能力を引き続き示しました。 彼が健康を維持すれば、今シーズンに30ゴールに近いゴールを入れることができるでしょう。 これはペナルティキックを取らなかった選手にとってかなりの成果になります。

セルティックのスクワッドにいくつかの攻撃オプションが含まれている状況では、スコットランドのメディアの一部の四半期に、FuruhashiがPostecoglouの先行ラインナップの内外にローテーションされるかどうかについて質問があったシーズン初めの議論がありました。

そのようなことは起こりませんでした。 ふるはしが監督の最初の選択 中央攻撃者であることはチームの選択から明らかです。

1月2日、レンジャーズとの試合を控えて、PostecoglouはFuruhashiがゴールの前で「弱い呪文」を受けているというメディア報道について言及するよう求められました。

Postecoglouは、次の質問に答えて、「彼のリーン注文がいつだったかを確認し、調査しなければなりませんでした」と述べました。 ケルト方式。 「私が逃した時間は20分だったでしょう。私が知っているのは、彼が到着した瞬間から彼がゴールを決めて相手チームの悩みを引き起こしているということだけです」

広告

統計は確かにその評価を裏付けています。

Furuhashiのゴール対プレイ時間の割合は、彼がスコットランドのプレミアシップでフィールド上の66分ごとに1回得点することを示しています。 彼のゴールのうち8ゴールはホームで、9ゴールは遠征で得点した。 すべての競技場で一貫して危険です。

古橋はスコッティッシュプレミアシップで最高のフィニッシャーです。 彼は61%の努力で目標をゴールに合わせます。

大前前田(Lee Smith/ACTION IMAGES/via REUTERS)

Daizen Maeda – 強力な作業率と精神力

時には選抜として、時にはベンチから降りてくる前田は、スコットランドのサッカー史上最も懸命に努力するフォワードの一人として名声をさらに高めています。

ケルトの日本派遣団の中で唯一 サムライブルー ~のための部品 2022 FIFAワールドカップ カタールで前田は主戦席を占めるためにクラブレベルで健全な競争を行っている。

他のサイド攻撃者Sead Haksabanovic、Liel Abada、Jotaが選択対象に含まれた中、Maedaは今シーズンPremiershipで20回の出場のうち13回の出場を開始しました。 残りの7人は彼がインパクトのある選手として登場するのを見ました。

5ゴールの5役を記録した元横浜Fマリノスの優れた選手はPostecoglouのコア選手です。 一般的に、セルティックが国内で最も大変な相手を相手にしたとき、前田は出場時間を受けます。

ケルトの監督は、一生懸命走るフォワードについて賞賛するしかありません。 Postecoglouは、「明らかに日本でDaizenを指導したので、私が何をもたらしたのかを知っています」と言いました。 グラスゴーの夜の時間 十二月に。 「彼は本当に利他的なチームプレーヤーだ」

ケルトのボスは、「彼はしばしば認められていないことをします。

広告

体力はもちろん精神力まで兼ね備えた前田はマネージャーに褒められた。 「偶然、もし彼が一つを逃すからといって彼を諦めません。」 グラスゴーの夜の時間 会見。

「日本で初めてコーチした時、それを見て、何よりも彼を愛しています。事前に何があったかにかかわらず、チームのために正しいことを続ける本当に強い精神力です」

セルティックFC
セルティックFCの監督であるAnge Postecoglouは、クリスマスイブにスコットランドプレミアリーグの敵St Johnstoneに対して4-1の勝利を収め、チームファンに敬意を表しています。 (ラッセルチェーン/ロイター)

未来を望む

セルティックがリーグタイトルを獲得するために何をすべきかはまだ残っています。 レンジャーズは最近経営陣が変わり、はるかに断固としたチームに見えます。 ケルトライバルは追撃を放棄しないだろう。

ケルトの日本選手たちはリーグトップに追いつかなくなるまで努力し続けなければならない。

前田だけが日本のワールドカップスクワッドに名前を挙げたという事実は、プレーヤーの全体的な能力ではなく、彼らが属するリーグに対する反省かもしれません。 はい、彼らは巨大なクラブでプレーしますが、スコットランドで最高のフライトでサッカーの全体的な基準はヨーロッパの他の場所ほど挑戦的ではありません。

さらに進化するために、おそらくハテート、フルハシ、マエダはいつかセルティックで移動する必要があります。

小林ゆき(ⒸVISSEL KOBE)

新しい到着と可能な新しいトレンド

今月初め、1月に移籍市場が開かれ、セルティックは日本から2人の新しい到着を確認しました。 中央擁護者小林ゆきはビッセル神戸で、ミッドフィルダー智木岩田は横浜Fマリノスで賃貸に加わりました。 岩田の移籍は夏に完全になります。

この記事を書いた時点で、小林はプレミアシップに一度登場しました。 1月18日、St Mirrenに対して4-0の勝利を収め、リラックスしたデビューを楽しんだ。 岩田はまだ彼の新しいチームに登場していない。

おそらく、Celticは、既存の選手の一部が今夏新しいクラブに移ると予想しており、日本の次世代人材と共に積極的に再建しています。

広告

セルティックのプレミアシップライバルであるハーツも日本市場に飛び込み、21歳のフォワード織田裕太郎を3年契約で迎え入れました。

Postecoglouが昨年パイプラインを開いた後、より多くのスコットランドのプレミアシップクラブがプレーヤーを獲得するために日本を探しているようです。

関連:

サッカープレスフォロー 一年中 スポーツルックJAPAN Forwardのスポーツ専用ウェブサイト。

作家: コリン・モリソン

Morrisonはフリーランスのスポーツ作家です。 2016年から文章を書いて、ボクシングのウェブサイトに彼のバイラインが表示されます。 NYFights.com そしてマルチスポーツプラットフォーム Spitballingpod.com。 彼の主な関心分野は、ボクシング、サッカー、ゴルフ、ラグビーユニオンです。 彼の物語を探す ~へ スポーツルック。 Morrisonはスコットランド出身で、Twitterで見つけることができます。 たまご

READ  [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] ツノダユキ(Yuki Tsunoda)、フォーミュラワンシーズンをしっかりと始める
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours