シン・ヘソン、イ・ジュンヨン主演の勇敢な市民、インド、日本、台湾などグローバル公開予定

1 min read

シン・ヘソン、イ・ジュニョンが主演を務めた「勇敢な市民」は去る10月25日全国劇場で公開された。 もうウェブトゥーンを原作にした映画は公開をきっかけにグローバル進出を目指している。 最近、海外配給会社ファインカットによると、ブレーブシチズンはインド、日本、モンゴルなど15カ国以上に版権が販売された。

ブレーブシチズン、15カ国発売目標

韓国メディアメディアデイリアンの報道によると、韓国映画「勇敢な市民」の版権が15カ国に販売された。 これには台湾、ベトナム、フィリピン、インド、カンボジア、日本、モンゴルなどが含まれています。 (株)ファインカットによると、「ブレイブシチズン」は来る11月公開予定の台湾、ベトナム、カンボジアを皮切りに、さらに多くの海外観客に会う予定だ。

台湾配給会社ムービークラウド側は「原作ウェブトゥーン’勇敢な市民’が台湾で大きな人気を得ている」とし「シン・ヘソンが女主人公として出演するこの映画を台湾観客に披露することができて嬉しい」と話した。 日本の配給会社である角川ケイプラス(KADOKAWA K+)もウェブトゥーンの原作性をそのまま維持したしっかりした構成としっかりした構成で、国内で良い反応を得たと伝えた。 ベトナムの配給会社であるルミックスメディアは「イ・ジュンヨンとシン・ヘソンの素敵な演技力を披露するブレイブシチズンをベトナム国民に紹介することになって栄光」と話した。

シン・ヘソン、イ・ジュンヨン主演の勇敢な市民

パク・ジンピョ監督 <용감한 시민>は痛快な話を扱う。 大韓民国のMind Markから発売され、ランタイムは113分です。 キム・ジョンヒョン作家の同名ネイバーウェブトゥーンを原作とする。

シン・ヘソンは学生時代に伝道有望なボクサー出身で現在は高校契約職の教師として在職中のソシミン役を引き受けた。 イ・ジュンヨンは学校で悩みで争いをするハン・スガン役を引き受けた。 だから市民は学校で起こっていることを目覚めてくれるが、ハン・スガンは彼女を止めておかない。

最新の韓流ニュースを入手してください。 インスタグラム YouTube Twitter Facebookそして スナップチャット

READ  日本の俳優、「過去10年」の広報車
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours