ストレイキッズ(Stray Kids)がビルボードジャパン年末ランキング1位を占めた。

Estimated read time 1 min read

ボーイズグループストレイキッズ [JYP ENTERTAINMENT]

ボーイバンド ストレイキッズ ホットアルバムチャート、トップアルバムセールスチャートなどビルボードジャパン 2023年年末チャート様々な部門に名前を上げてグローバルな人気を立証した。

ビルボードジャパンは2022年11月28日から2023年11月26日までの音楽ストリーミング販売データを集計した年末報告書を金曜日に発表した。

ストレイキッズは去る9月発売した日本初のEP 'Social Path (feat. LiSA) / Super Bowl – Japanese ver.'でホットアルバムチャートとトップアルバムセールスチャートで3位を占めた。

所属事務所によると、このバンドはチャートでKポップグループの中で最も高い順位を記録した。

2022年10月に発売されたEP「Maxident」のタイトル曲であるStray Kidsの「Case 143」は、ホット100チャートで83位に名前を上げ、K-POP第4世代ボーイズグループの中で唯一チャートに入った。 。

バンドのアルバムの4つ(「SKZ-Replay」、「The Sound」、「5-Star」、および「Rock-Star」)がダウンロードアルバムチャートに含まれています。

バンチャン、チャンビン、ハンで構成されたグループ内プロデュースユニットスリラチャ(3RACHA)もホット100作曲家チャート49位、ホット100作詞がチャートでそれぞれ49位、28位に名を連ねた。

ビルボード年末の200アルバムチャートでも正規3集「5-Star」で82位を記録し、Kポップアーティストの中で最高順位を記録した。

このバンドは新年の前夜に日本放送チャンネルNHKの年次年末テレビ番組紅白歌合戦で公演する予定です。

ストレイキッズは2017年JYPエンターテイメント所属で初の音源を発表した。 バンチャン、リノ、チャンビン、ヒョンジン、ハン、フィリックス、スンミン、アイエンなど8人のメンバーで構成されたバンドは最近、11月10日にEP 'Rock-Star'を発売した。

Stray Kidsの詳細については、以下をご覧ください。 セレブ確定!

キム・ジエ記者 [[email protected]]

READ  早朝実写ドラマ「物価ローハン」字幕が話題 "スター"など原作理解度を高く絶賛「愛を感じる」| ORICON NEWS
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours