理科

テレビの味:日本の教授が舐めることができるスクリーンプロトタイプを開発する

日本のある教授が食べ物の味を模倣できる舐めることができるテレビ画面プロトタイプを開発して多感覚視聴体験を作るもう一つのステップです。

TTTV(Taste TV)と呼ばれるこの装置は、特定の食品の味を出すために一緒に噴射される10種類の味キャニスターのカルーセルを使用します。 その後、味のサンプルは、視聴者が試すことができるように、薄型テレビ画面の上の衛生フィルムに転がされます。

コロナ19時代に、この種の技術は人々が外部の世界とつながり、相互作用する方法を向上させることができると明治大学の宮下保明教授が語った。

彼は「家にいる間も、地球の反対側にあるレストランで食事をするのと同じ経験をすることができるようにすることが目標」と話した。

Miyashitaは、食品の味をより豊かにするフォークを含む、さまざまな味関連機器を製造した約30人の学生からなるチームと協力します。 彼は過去1年間でTTTVプロトタイプを直接製作し、商用版を作るのに約100,000円(約Rs. 65,810)がかかると述べました。

潜在的なアプリケーションには、ソムリエとシェフのための遠隔教育、試食ゲーム、クイズが含まれます。

Miyashitaはまた、焼いたパンのスライスにピザやチョコレートの味を適用することができるデバイスなどのアプリケーションにスプレー技術を使用することについて会社と議論しています。

明治学生の大雪(22)は記者たちにTTTVをデモンストレーションし、画面に甘いチョコレートが食べたいと話した。 数回試みた後、自動化された声が注文を繰り返し、スパイスインジェクターがサンプルをプラスチックシートに振りかけた。

「ミルクチョコレートに似ています」と彼女は言った。 「チョコソースのように甘い」

©トンプソンロイター2021


READ  マヌーサモアニュージーランド軍は、スポーツの文化と科学を接続します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close