トヨタとSMFGが日本の水素投資ファンド発足支援

0 min read

トヨタ自動車と三井住友金融グループなど日本企業コンソーシアムが国内投資会社と手を取り、日本水素産業の発展を支援するための基金を造成し、生産及び貯蔵関連インフラの強化を模索する予定だ。

約280の民間企業会員で構成された日本水素協会は、2024年までにファンド運営を目指している。 国内投資会社のアドバンテージパートナーズが韓国初の水素投資専用ファンドの主管社に出る。

READ  日本は再びドアを開けたが、厳しいコロナウイルスルールで観光客を止める。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours