世界

フランスのカトリック聖職者に20万人以上の未成年者がセクハラを受けたと画期的な報告書が出た。

火曜日に発表される画期的な報告書によると、1950年から2020年の間に約216,000人の未成年者が虐待を受けたとします。 性犯罪に関する独立委員会委員長であるJean-MarcSauvéによると、その数は聖職者ではないが、カトリックの学校や青少年プログラムのような教会や他の関連する乱用の犠牲者を含めると、約330,000人に増加します。 レポートを作成した教会(CIASE)。

小斬るレポート発表に先立ち、1950年代以降、フランスのカトリック教会で2900〜3200人の小児性愛の司祭たちが働いていると推定されると述べた。

この数値は、フランス国立保健医療研究所(French National Institute of Health and Medical Research)が委員会のためのアンケート調査で推定したものです。 研究所は、2020年11月25日から2021年1月28日までに18歳以上28,000人以上の全国代表標本をオンラインで調査するために投票機関IFOPと協力しました。

この報告書は、虐待を受けたと答えた回答者の数に基づいて、時間の経過に応じて全国的に生存者の数を推定しました。 小斬るレポート発表に先立ちCNNに被害者の証言の開示要求と一緒に全国的な調査が行われたと述べた。

火曜日に調査結果を発表しSauveは子どもたちが国営学校や夏のキャンプ、または家族ではなく、他の環境でも、カトリック教会の環境で虐待を受ける可能性がより高いと言いました。

小斬るレポート発刊に先立ちCNNとのインタビューで、「問題は、体系的性暴力は無理から外れ少数の厄介ものだけ限っわけではない」と述べた。 「虐待の事実を知らせた時、 [the Church] 捕食者から子供を保護するために必要な厳格な措置を取らなかった。」

今年の初め、彼はCNNとのインタビューで、「被害者が少なくとも10,000人に達する可能性が非常に高い」と憂慮した。

ただし、レポートによると、虐待を受け、未成年者の最終的な数は、初期推定値より30倍以上多いことが考慮される。

CNNはコメントのために、フランスのカトリック教会に連絡しました。

READ  ドイツ、コロナ19感染急増イースター閉鎖

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close