経済

ブリヂストンで合計22サイズの新しいツーリングタイヤ「BATTLAX SPORT TOURING T32」登場| WEBヤング機械| 最新のバイク情報


ブリヂストンは、新型スポーツツーリングタイヤ「バートラックススポーツツーリングT32」を発表した。 現在販売されているT31の後継機種を示すナンバリングでウェット時のグリップ性能を向上させる「PULSE GROOVE(パルスグルーブ)」を採用している。

「脈動形状」を採用したパルスの溝でウェット時の制動距離は7%短縮

ブリヂストンは、新型スポーツツーリングタイヤ「BATTLAX SPORT TOURING T32」を発表した。 「BATTLAX SPORT TOURING T31」の後継機種として発売される走るシーンを選ばないタイヤである。

ウェット性能を向上させるために採用されたパターン技術 “パルスグルーブ」は、信号の損失の特徴脈動形状と呼ばれる幅が太くなったり狭くなったりを繰り返し溝パターンと、水の流れを均一化する転向を組み合わせて、水の流速を高め、排水性を向上している。

また、ブリヂストンがモトGPを介して開発した独自の解析技術」ULTIMAT EYE(究極アイ)」を駆使することで、リアのタイヤは、接地面積を13%向上。ドライ/ウェットの両方の接地感を高め、コーナリング時ウエットグリップを改善した。また、同じウェット時のトラクション性能を大幅に向上ウェットブレーキ性能は、制動距離を7%短縮、また、摩耗寿命は10%も成長しているという。

価格は、フロント1万8480円〜2万4970円/リア2万6400円〜3万5530円となっており、重量車用GTスペックを含む全面10サイズ/リア12サイズをラインナップ。 発売日は2021年2月1日である。 ちなみにフルモデルチェンジが発表されたヤマハ「TRACER 9 ABS “と” TRACER 9 GT ABS」に標準装備されていることも併せて発表されている。

「BATTLAX」初のパルスグルーブを搭載。 ウェットグリップ性能を保証します。

スピニンガ発生するまでの川崎Z900で測定ウェット時のトラクション性能が大幅に向上されている(赤い線がT32)。

接地面積を13%向上。 回転方向に対して幅を広げて縦は少し短くなります。 接地感とウェット性能を両立しており、耐摩耗抑制にも効果があると思われる。

ヤマハFZ8で測定された制動距離が前作のT31について7%短縮。

鈴木GSX1300RでテストしたGTスペック製品の摩耗寿命比較では、T31の10%寿命が増えている。

サイズラインナップと価格


110 / 70ZR17 20,020円
120 / 60ZR17 18,480円
120 / 70ZR17 22,990円
110 / 80R18 22,770円
110 / 80ZR18 24,640円
120 / 70ZR18 23,870円
110 / 80R19 24,970円
120 / 70ZR19 22,770円
120 / 70ZR17 23,650円GT
120 / 70ZR18 24,640円GT

後方
150 / 70ZR17 29,810円
160 / 60ZR17 29,700円
160 / 70ZR17 31,570円
170 / 60ZR17 32,560円
180 / 55ZR17 33,880円
190 / 50ZR17 34,540円
190 / 55ZR17 35,310円
140 / 70R18 26,400円
160 / 60ZR18 34,100円
170 / 60ZR17 33,550円GT
180 / 55ZR17 34,870円GT
190 / 55ZR17 35,530円GT

※全サイズチューブレスタイヤです。
※「GT」表記のタイヤは中〜重借用オプション仕様(GTスペック)製品のタイヤです。

※本記事の内容は、元のサイト出版時点で、将来もその真正性を保証するものではない公開後の時間の経過等に応じて内容に欠陥が発生することがあることをご了承ください。 ※特別な記載がない限り、価格情報は税金です。

READ  バイトダンス、TikTok米国事業での選択を再検討 - 中国政府の介入 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close