世界

ワクチンに「遺産胚」が含まれていると主張したアンチ・バックス花嫁ドン・パオロ・ロミオ、コロナで死亡

コロナ19ワクチンに「中絶された胚」が含まれているという誤った信念で忌避したイタリア司祭が、コロナ19と数週間死闘した後、51歳で死亡した。

ドン・パオロ・ロミオ(Don Paolo Romeo)は、自分に理性的な話をしようとした友人や同僚のワクチン接種を拒否した。 サルデーニャ連合 新聞。

ジェノヴァのサント・ステファノ修道院で教区司祭として奉仕したロミオは、フランスのカトリック大司教であるマルセル・フランソワ・マリ・ジョゼフ・ルペブル(Marcel François Marie Joseph Lefebvre)の信者が支持する陰謀論に固執しました。

(この主張は偽であり、アメリカのカトリックの司教会でも暴露された。 氏名 ファイザーやモダナはワクチンの開発や生産に中絶由来細胞株を使用しなかったと1月発表した。 イブプロフェン、アスピリンなどの広く使用されている薬の検査によく使用されてきました。

しかしバチカンでも ストレス COVID-19ワクチンは「道徳的に許容可能」であり、ファンデミック期間中に「善良な良心に従って使用することができる」。

しかし、ロミオは揺れずにコロナウイルス感染の拡散にもかかわらず、ミサを続けました。 地域の報告によると、彼は1月にウイルス診断を受け、健康が急激に悪化し、教会の近くの病院に入院しました。

サント・ステファノ修道院 彼に敬意を表した 彼は死後、ソーシャルメディアに月曜日に「空に上がった」と書いた。

「主が彼がこの地で行なったすべての良いことについて彼に賞を与えてください。彼の不足があるならば、許してください。」

司祭の死は、イタリアのカトリック軍牧師がCOVID-19に対する元バチカン大使の「陰謀理論」について公に非難し、ワクチンの命令に抵抗するように促した。 Santo Marcianò大司教は、月曜日の軍隊に送られた手紙で、次のように語った。 彼らを促した 予防接種をしてはいけないと煽るのは,「以前使徒司教」の熱狂的な言葉を無視することです。

名前を言わなかったけど カルロ・マリア・ビガノ大司教 手紙で、元アメリカの駐在バチカン大使がその主題として広く信じられた。 Viganòは、2018年にフランシスコ教皇に教会内のセクハラで辞任を促した後、国際的な見出しを飾ったが、最近では伝染病が人類を奴隷化しようとする「世界主義の寡頭」の陰謀だという点について涙を流しています。 彼は最近、ローマでデモ人に話しかけ、ワクチンの義務を無視するように言いました。

それは病気のカトリック教会の他のメンバーにはあまりうまくいきませんでした。 レイモンドバーク枢機卿新種コロナウイルス感染症(コロナ19)ワクチンに対する陰謀論を広げてコロナ19を「ウハンウイルス」と呼んだイさんは昨年コロナ19に感染して人工呼吸器につけた。 彼は生き残ったが、12月ミサでまだ完全に回復していないと認めた。

READ  木村太郎は「援助」帰国子女の英語堪能な姉は戦争に翻弄され(1/3) | AERA dot(アエラ点)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close