三菱鉛筆、ドイツラミフェンメーカー買収日本企業、海外進出加速化の模索

Estimated read time 1 min read
DKSH市場拡張サービス日本提供
ラミブランド筆記具

三菱ペンシル(Mitsubishi Pencil Co.)が、ラミ(Lamy)ペンブランドの所有者であるC. Josef Lamy GmbHの株式100%を購入すると発表した。

現在創立一家が所有しているドイツ会社の全持分移転は3月15日に行われる予定です。

三菱鉛筆は今回の購買を通じて海外市場進出を加速するという計画だ。 買収の金銭的価値は開示していない。

1930年に設立されたラミは、主にヨーロッパとアメリカを中心に数千円以上の中低価格万年筆とボールペンを生産、販売している。 2023年12月に終わる会計年度には約7,600万ユーロ(約123億円)の売上を上げました。

三菱鉛筆は安い筆記具に重点を置いており、万年筆は販売していません。 日本市場は低出産で成長が難しいようで、ラミの技術と販売網を確保して製品ラインナップを強化することにした。

同社は筆記部門の年間海外売上を約400億円から2036年までに700億円に増やすという目標を立てました。

READ  IMF、イギリスの経済回復の見通しの低下| 経済成長(GDP)
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours