世界

北朝鮮、別のミサイル発射、国境付近で戦闘機飛行

ソウル、韓国 – 北朝鮮が金曜日の夜明け、東海上に向けて短距離弾道ミサイルを発射し、韓国との接境地域で戦闘機を飛ばし、最近北朝鮮の弾道ミサイル試験発射に対する敵対感がさらに高まっている。

軍はまた、北朝鮮が2018年に軍事的緊張緩和合意により樹立した海上緩衝水域に砲弾が落ちた接境地域の東・西海岸一帯で170発の砲を発射したことを感知したと明らかにしました。

北朝鮮の動きは、現在では核能力を強化するための挑発的な武器実験を継続することを示唆しています。 一部の専門家は、北朝鮮は最終的に米国と他の国々が北朝鮮を核保有国として受け入れ、経済制裁を解除し、他の譲歩をしてほしいと言っている。

合同参謀本部はこの日午前1時49分(木曜日1649 GMT、木曜日午後12時49分)北朝鮮首都圏でミサイルが発射されたと明らかにした。

合同参謀本部は北朝鮮の砲弾が韓国領海に落ちていない反面、合同参謀本部は今回の打ち上げが2018年協定に明らかに違反したものと説明した。 衝突を防ぎます。

金曜日の弾道打ち上げは、ロシアの戦争による混乱を利用して、北朝鮮の今年の記録的な数のミサイルデモを延長しました。 ウクライナ 武器の開発を加速し、ワシントンとアジアの同盟国への圧力を強化するために。

北朝鮮の核実験活動と敵対感の強化に対応して、韓国政府は5年ぶりに北朝鮮に対する一方的な制裁を加え、北朝鮮の核兵器資金調達のための違法活動に加わったと疑われる北朝鮮個人15人と団体16個を対象とした。 ミサイルプログラム。

浜田康和(Yasukaz Hamada)日本防衛賞は、ミサイルが「不規則な」軌跡を飛んだと述べた。

浜田局長は「意図が何であれ、北朝鮮の繰り返し弾道ミサイル発射は絶対容認できず、ミサイル技術の相当な発展を見落とすことができない」と話した。 続いて「北朝鮮の一連の行動は日本はもちろん地域と国際社会に脅威となり絶対容認できない」と話した。

韓国と日本軍は、ミサイルが朝鮮半島と日本間の海域に着陸するまで最高標高50kmから650~700kmを飛行したと評価した。

米インド太平洋司令部は声明を通じて北朝鮮の発射が米軍要員や領土、同盟国に即時の脅威にならなかったと明らかにした。

これは、ここ数週間、北朝鮮が一連のミサイルを発射したものの中で最も最近のものです。

北朝鮮は月曜日、過去2週間のミサイル実験が韓国と米国の主要目標物に対する核攻撃を模擬したと明らかにした。 今回の試験には、日本上空を飛行して米太平洋の領土であるグアムまで到達できる射程距離を立証した新型中距離ミサイルと、国内初で内陸貯水池から発射された弾道ミサイルが含まれた。

北朝鮮は今回の武器実験が、米国空母に関連する「危険な」合同海上訓練を実施したことについて韓国と米国に警告するためのものだと述べた。

金曜日の打ち上げは、北朝鮮が核攻撃シミュレーションを発表した後、2番目だ。 一部では北朝鮮が習近平主席の5年任期3選のための主要政治会議を11日開幕する主要同盟国である中国を考慮して実験活動を暫定中止すると見通した。

北朝鮮は金正恩委員長が長距離巡航ミサイル試験発射を指導したと明らかにし、北朝鮮は金正恩委員長が軍の拡張された核打撃能力を成功的に示したと述べた。

金委員長は試験が終わった後、「移動性があり、精密で強力な」各種武器体系で「敵を一撃に統制するための実際の戦争」に万全の準備を備えた核電力の準備態勢を高く評価した。 KCNAによると、彼の核兵力の作戦領域を拡大するために。

金委員長が2017年以降、最初の核実験をしたり、韓国との軍事的接戦を促して核兵器を使用するという脅威を加え、近いうちにお金を稼ぐことができるという懸念が出ている。

南北朝鮮は2018年の軍事協定以来、これまで主な衝突を避けており、これは文在寅(ムン・ジェイン)元大統領と金委員長の婚約努力が残した数少ない可視的な残材の一つです。

文大統領は2018年6月、ドナルド・トランプ元米国大統領と金委員長の1次首脳会談を支援したが、2019年2月2回の金-トランプ会談以後、米国が部分降伏を条件に北朝鮮の主要制裁緩和要求を拒否し、外交が無産になった。 彼らの核能力。

北朝鮮の核プログラムの緊急性は、先月、北朝鮮が指導部が脅かされていると認識することができる非戦争の状況を含む、広範なシナリオで核兵器の先制使用を承認する新しい法律を通過した後、さらに大きくなりました。

最近、北朝鮮の試験はほとんど韓国を狙った短距離核能力ミサイルだった。 一部の専門家は、北朝鮮が5年ぶりに核実験をする可能性があるのは、そのような短距離ミサイルに装着する戦場の戦術弾頭を製造しようとする努力と関連があると述べています。

このような状況は韓国の安全保障の不安を引き起こし、一部の政治家や学者たちは北朝鮮の核脅威強化に対する抑制策として、米国が戦術核兵器を韓国に再配置するよう促した。

合同参謀本部は、別の声明で、北朝鮮が木曜日と金曜日の初め、南北経済協会の近隣で戦闘機10機を飛行したと把握されたと明らかにしました。

北朝鮮飛行機は南北国境から北へ12km(7マイル)まで飛行しました。 合同参謀本部によると、韓国はF-35戦闘機と他の戦闘機を混ぜて対応した。

衝突についての報告はなかった。 先週も同様の事件があったが、北朝鮮が国境近くで戦闘機を操縦することは依然として異例のことだ。 また、先週の飛行では、北朝鮮の戦闘機が国境からはるかに遠くに飛んだ。

北朝鮮軍は10日午前、南側が国境付近で約10時間の砲撃を行ったと非難した。 これに対して北朝鮮は不特定多数の「強力な軍事的対応策」を講じたと明らかにした。

朝鮮人民軍総参謀部スポークスマンはこの日の談話を通じて「(北)朝鮮人民軍は無謀な行動で最前線で軍事的緊張を助長している南朝鮮軍に厳重な警告を送る」と明らかにした。 。

韓国軍は後に韓国の軍事境界線から10km離れた場所で砲兵訓練を実施したことを確認し、訓練は2018年合意条件に違反しなかったと明らかにした。

——

東京の山口麻里(Yamaguchi)作家と韓国ソウルのキム・ドンヒョン作家が寄稿した。

READ  ビデオでドバイプリンセスは、彼女が「人質」と言います。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close