原子炉報告のための日本地域ユーティリティ株式の急上昇

1 min read

(Bloomberg) – 日本の地域ユーティリティの株価は、国家規制機関の報告書が会社が原子炉の再稼働に近づいてから10年ぶりに最も飛躍しました。

この広告はまだ読み込まれていませんが、記事は以下に続きます。

分散型

Hokuriku Electric Power Co.は、2012年12月以降、最高16%の収益を上げました。 日本のアイドル原子炉の再稼働プロトコルを監督する日本の原子力規制当局は、石川県にある会社のShika 2号原子炉が稼働しないと決定しました。 NHKは金曜日にアクティブな断層線であると報じた。

これは2011年から稼働を中断した原子力発電所の再稼働計画に重大な突破口となりました。 政府が高騰する電力価格の影響を抑えるために補助金を支給しなければならなかった日本の原子力支持者たちにも力となりました。 昨年、液化天然ガスと石炭輸入費用が高まった後、消費者とインフレに対する懸念が高まった。

読む:原子力の復興が最後のメルトダウンの故郷に達する

この広告はまだ読み込まれていませんが、記事は以下に続きます。

この決定は北陸電機にとってポジティブですが、原子炉がまもなく発電するようには思えません。 同社は依然としてNRAが監督する厳格な再稼働手続きに直面しており、現地の知事から承認され、地域社会の支援を受け、追加の安全工事を完了するなどの他の障害物を排除する必要があります。

一方、岸田文夫日本首相は、エネルギー、農場飼料、食品価格の上昇に対処するための追加措置を作成するように政権に指示したと金曜日、交通通信が報道しました。

日本電力取引所の資料によると、月曜日の日本平均電気料金はキロワット時当たり9.7円で、一週間前より11%下落した。 日本気象庁の予報によると、今週末東京の最高気温は22C(72F)で全国的に気温が上昇しています。

  • EEXの3月、インドに対する基本負荷東京電力先物は金曜日に12.35円/kWhに決算され、全州より8.5%下落しました。
    • 4月契約は1.6%w/w上昇した13.6円/kWh

その他の日本電力市場ニュース:

  • レポートでユーティリティを見る日本、小規模ハイキングケースを確認する
  • 日本京セラ、中国ソーラーパネル工場閉鎖:日経
READ  WPP、日本最高経営責任者(CEO)で松下恭子(Kyoko Matsushita)選任
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours