名古屋大学が中年体重増加機構を発見

Estimated read time 1 min read

日本の研究チームが中年に簡単に太る理由を説明する仕組みを発見した。

名古屋大学の中村和弘教授チームは、ラットの場合、新陳代謝と食物摂取を調節する脳領域である視床下部にあるニューロンの一次繊毛が年齢とともに短くなることを発見しました。

同様のメカニズムが人間にも存在すると考えられています。 今回の発見で肥満の根本的な治療が可能になると期待される。

今回の研究結果は米国学術誌「セル・メタボリズム(Cell Metabolism)」に木曜日に掲載された。

老化による全体的な代謝の低下は、中年期の体重増加の原因として一般的に取り上げられていますが、まだその具体的なメカニズムは明確ではありません。

中村チームは、過剰な栄養素を感知し、新陳代謝を刺激する視床下部のニューロンに見られるメラノコルチン4受容体(MC4R)に焦点を当てました。

MC4Rを顕著にするために開発された抗体をラットに投与した研究では、受容体がアンテナなどの一部の視床下部ニューロンで拡張された一次繊毛に集中していることが示されています。

様々な年齢のラットを比較した結果、一次繊毛は年齢とともに徐々に短縮されることが示された。 研究チームが遺伝子組み換えによってラットの一次繊毛を減らすと、ラットの代謝が低下し、食物摂取量が増加し、体重が増加することがわかりました。

研究チームはまた、高脂肪食を摂取したラットの場合、一次繊毛はより速く収縮し、一方、限られた食事を摂取したラットの場合、一次繊毛はより長くなるか、より遅い速度で短くなることを発見しました。

中村は「過食は抗肥満メカニズムを弱める」と話した。 「適切な食習慣を維持し、あまりにも多くのカロリーを摂取しないと、年をとっても抗肥満効果を維持できるはずです」

READ  英国流星:火の玉が空を照らす「巨大なフラッシュ」| 科学
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours