国際協力を強化するために日本の経済安全保障を強化するための新しい法律。 考慮すべき従業員への影響

Estimated read time 1 min read
読売新聞
岸田文夫(左)日本首相と高一真奈に経済安保担当賞が2日、首相官邸で閣僚会議に出席している。

政府はこの日、新法を通過させながら経済安全保障分野の核心情報を処理できる人を政府から認証を受ける「セキュリティ許可制」を導入することにした。

政府は中国を念頭に置いて西欧諸国と同等の情報保護システムを構築し、日本企業が国際ビジネスを遂行する際にこれを支援する計画です。

他の国に追いつく

「新しい法律により、日本はその国と同等のレベルの情報保護システムを備えているため、同盟国と同じ考えを持つ国の信頼を得ることができ、これは日本の民間事業者の参加機会を増やすのに役立ちます。 。 高一サナエ経済安保担当賞はこの日、参議院本会議に先立ち開かれた記者会見で「国際研究及びこれと同様の活動に参加している」と話した。

北米と欧州諸国はすでに経済安保秘密などの核心情報を保護するためのシステムを構築しているのに対し、日本はこれに遅れている。

2014年から施行された特別指定秘密保護法は、許可なく公開される場合、日本の国家安全保障に「深刻な被害」を招く危険があり、秘密に維持すべき情報を保護するために制定された。

新しい「重要経済安全保障情報の保護および活用に関する法律」によって指定される「重要経済安全保障情報」には、国家安全保障に「損害」を及ぼす可能性のある秘密が含まれる。

重要経済安保情報の指定可否は、各中央行政機関が決定し、内閣府でその措置が適切かどうかを確認することになる。

また、内閣府の独立公共記録管理秘書がそのような情報の指定を検査及び監督する予定であり、政府はこれを通じて「多層的な確認システム」が設けられると明らかにした。

リスク低減

国会審議では、高一氏は、次のような新しい法律で取り上げられている次の種類の情報を述べた。 (1) 電気・ガスを含む「核インフラ」に対するサイバー攻撃と政府の対応措置に関する情報。 (2) 半導体、蓄電池などの核心材料に関する外国政府の国際共同研究情報に関する情報。

中国、ロシア、その他一部の国では、社会を混乱させようとする試みで、サイバー攻撃を通じて日本のインフラを標的とすることが知られています。

政府は新しいシステムを通じて公共と民間部門の情報共有を促進し、こうした攻撃に対する対応を強化する計画だ。

政府はまた、コア商品と技術供給への中国依存度を減らし、「リスク減少」を達成するために西欧諸国と技術協力を推進する計画だ。

政府は来年5月までシステムを稼働するという目標だ。 このために専門家パネルを迅速に召集し、取り扱うべき情報に関する詳細を含む運営標準を設ける予定だ。

従業員への影響

主要経済安全情報の取り扱い業務を遂行する資格のある政府・民間関係者に対しては、家族、犯罪記録、麻薬類乱用など7つの事項に対する身元調査を実施する。 審査は、内閣府に設置される中央調査機関によって行われます。

審査結果に応じて、各中央行政機関の公務員に許可が与えられます。 許可を受けた人数は総数千人に達すると予想される。 調査機関は数十人規模の関係者から始まり、徐々に拡大する予定だ。

国会審議の過程で審査対象者が審査を拒否したり、適格者と判明した場合、会社内で不当に再配置されるなど支障を受ける可能性があるという懸念が提起された。

新法ではこのような行為を禁止しており、政府は運営基準を通じて禁止事例に対する具体的な事例を提示する予定だ。

READ  S&P 500、Nasdaq、Apple、Tesla収入で史上最高記録を達成
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours