経済

安倍、PHL-日本関係「黄金時代」に案内

多くのフィリピン人、特に政治家、法執行機関および財界従事者は、元日本首相の安倍晋三の死のニュースを聞いてショックを受けました。

彼は日本の他の首相の中で最も長く在職したと名付けられた。 安倍首相の任期は、グロリア・マカパガル・アロヨ、ベニグノ・アキノジュニア、ロドリゴ・ドゥテルテなど3人のフィリピン大統領任期と重なった。

フィリピンは2012年に首相に再選されてから1カ月ぶりに外務大臣が最初に訪れた国の一つだった。 民族主義者の安倍は、日本も主張する尖閣列島付近で中国の航空・海軍活動が増加する中で再選に勝利しました。 安倍首相は南シナ海が「北京湖」に変わり、日本・アメリカ・インド・オーストラリアがインド洋から西太平洋に至る海洋領域を守護するために「民主安保ダイヤモンド」を結成しなければならないと警告した社説を書いた。 。

数ヶ月後、安倍首相はフィリピンに対する4つの政策イニシアチブを要約しました。 つまり、活気のある経済を共に発展させ、海洋協力を促進し、ミンダナオ平和プロセスへの支援を強化し、人的交流をさらに促進することです。

しかし、安倍首相がフィリピンと日本関係を強化することに当たったのは、ドゥテルテ大統領執権時代だった。

安倍首相は個人的な外交を通じてドゥテルテ大統領を「ロックスター」と呼んで友達になった。

ドゥテルテは安倍首相をダバオにある自分の家に招待した。 彼はドゥテルテ大統領を自宅で訪れた最初で唯一の外国政府を伴った。

2017年の安倍首相の訪問で、マニラと東京は「戦略的パートナー」となりました。 日本は5年間1兆円を約束した。 2022年まで、約束は完全に履行され、より多くの1兆3000億円を提供したと元フィリピン公館次官であり、現在DFA外交次官補であるEduardo Meñezが語った。

ドゥテルテ大統領は、ナルヒト一王即位時を含めて四回日本を訪問した。

Meñezは、「インフラ開発と経済協力の共同委員会メカニズムが始まったのも、ドゥテルテ政権時代であり、フィリピン政府のBuild-Build-Buildプログラムに対する日本の迅速な支援に非常に成功していました」と付け加えました。

外交政策アナリストは、両国関係の開花を「フィリピン – 日関係の黄金期」と呼びました。

画像クレジット: AP/乃木和宏

READ  日本のロングセラーヨーグルトのお菓子 モロッコのフルーツ妖精の正体は?

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close