技術

完成度を高めて使用が大幅に向上折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold2 5G “しかし、中途半端な感じも| TechCrunch Japan


KDDIで、サムスン “Galaxy Z Fold2 5G(SCG05)」が発売された。折りたたみスマートフォンで第2世代での使用が大幅に改善されたGalaxy Z Fold2をチェックした。

画面の大型化に使いやすさの向上

Galaxy Z Fold2ディスプレイを内側に折り畳まれたもので、スマートフォンやタブレットを切り替える折りたたみスマートフォン。 初代の「Galaxy Fold」についてGalaxy Z Fold2は新しいZシリーズの一員として位置づけた形態である。適切シリーズ化したもので、今後も継続して与えることが期待できるだろう。

山形折り畳まGalaxy Z Fold2

山形に折られGalaxy Z Fold2

第2世代は、さまざまな面で機能が強化されている。

大通り本体サイズはやや大きく重くなっているが、何よりも、ディスプレイが大型化した点がポイントだ。 開いタブレットモードにしたときの表示は、7.3インチから7.6インチにわずかに増加したが、縮小スマートホモ度にしたときは4.6インチから6.2インチへと大きく大型化した。

最大の進化ポイントといっても良いが、このカバーディスプレイの大型化。スマートフォンで使いやすくなった

最大の進化ポイントといっても良いが、このカバーディスプレイの大型化。スマートフォンで使いやすくなった

折りたたみ時の細身のスタイルは変わらない。カメラの影響が大きくなった

折りたたみ時の細身のスタイルは変わらない。カメラの影響が大きくなった

13.8mm(最厚部16.7mm)と従来通りの厚さは、それなりの

13.8mm(最厚部16.7mm)と従来通りの厚さは、それなりの

これまで本体の中央に小さな窓のようにあったディスプレイが本体全体に広がるディスプレイがされているので、その差は大きい。 スマートフォンとしての完成度というか、最終的に当然のサイズがされたのは、閉じた状態でも快適に使用できるようになりました。

開いタブレットモードにすると薄いタブレットになる

開いタブレットモードにすると薄いタブレットになる

タブレットモードでの表示はあるカメラがシングルされ、パンチ穴の形式の点が大きく異なる。 今までは、右に大きな切り込みがあり、そこにセンサ類とのデュアルカメラを内蔵していたが、単一のカメラのパンチホール形式になって、ディスプレイ全体に広がった。 パンチホールも完璧対策はありませんが、それでもタブレットがほぼ全画面で表示した点は、使いやすさの向上につながる。

開くと、タブレットとして使用することができ

開くと、タブレットで使用することができる。あるカメラがパンチホール形式になっているので、ディスプレイの全画面感が加わった

あるカメラがパンチホール形式になっているので、ディスプレイの全画面感が加わった

この全画面感が使いやすさの向上につながっている

以前のモデルと変わらず、スマートフォンモードでは、一般的なスマートフォンに比べて細身のボディになる。 ディスプレイがフルスクリーンになったもので、解像度は2260×816ピクセルですアスペクト比は2.77:1という独特の割合となった。 以前のモデルは、21:9でまだ理解でき比率であったが、さすがに細長い。

しかし、画面サイズは定義する。 その細長いおかげでウェブサイトやSNSなど、快適に見ることができる。 また、分割画面で2つのアプリを実行してもそれなりに使えるレベルである。

垂直なので、2画面を並べても、実用的な

垂直なので、2画面を並べても、実用的な(画面写真右)

開いたときの画面は、従来と大きく変わらないので、パンチ穴の形式で表示なかったが、大きな違いはない。 3つのアプリケーションを並べ実行する機能も変わらない。 右上部の切り込みがなくなって見るやすくなった感じだ。

開いたときに3画面テキストなどをドラッグ&ドロップで他のアプリケーションに貼り付けることもできる

開いたときに3画面テキストなどをドラッグ&ドロップで他のアプリケーションに貼り付けることもできる

画面は、従来と大きく異ならず、少し柔らかめ。 折りたたみ式ディスプレイは、画面保護が最小化されているからだろう。 少し傷が怖いのは確実である。 基本的にも付けることができますが、折りたたみに対応する画面保護フィルムを別々に手に入れて使用するとよいだろう。

ディスプレイ折り畳み角度がノートPCのように固定することができ、便利に

Galaxy Z Fold2のもう一つの主題は、折りたたみ角度が任意に固定することができるようにされた点。 Galaxy Z Flipで実用化された機能がFoldに搭載された形態である。

自由な角度で固定できるようになったのは大きなポイント

自由な角度で固定できるようになったのは大きなポイント

Galaxy Z Fold2のもう一つの主題とかなり使いやすさが向上している

Galaxy Z Fold2のもう一つの主題とかなり使いやすさが向上している

以前のモデルの場合、閉じた状態で、ディスプレイを少し開くと、スプリングの力によって半ばまで一気に開いていた。 Galaxy Z Fold2そのままでは一気に開くことができない。 スプリング装置でなくなったと同様に少し時間が増加する代わりに、タブレットモードで開き行かない状態での角度を固定することができる。

したがって、ノートPCのように平面でディスプレイを見るなどの方法が可能になった。 これ意外に実用的である。

カメラの場合、三脚の代わりに

折りたたんだ状態で自立させた場合、ほとんどのアプリケーションでは、タブレットモードで起動するが、このとき、カメラやYouTubeアプリケーションなど一部のアプリケーションは、特別なUIされる。 カメラの場合、上半身にライブビュー、下段にシャッターボタンなどのカメラコントロールが表示されるので、平面で固定撮影など、三脚の代わりに使用がある。

固定撮影する使い方も便利

固定撮影する使い方も便利

垂直し、撮影よい

垂直し、撮影よい

ディスプレイの角度を変えると、上下方向に構図を変えることもできる。 山型に固定されるので、垂直に固定してもいい。 これも角度を変える構図の変更が可能意外柔軟性がある。

コメントを確認しながら、YouTubeのビデオ視聴も役立つ

YouTubeの場合上半身で動画が再生され下部にはコメントが表示されることができる。 タブレットディスプレイよりもサイズは小さくなりますが、コメントを確認しながら動画を視聴するなどの方法で便利である。

キャプチャと理解するのは難しい、YouTubeとの上に動画の下部に意見や情報表示される

キャプチャと理解するのは難しい、YouTubeと上部が動画の下部には、意見や情報表示される

Galaxy NoteアプリがノートPCのように使用することができ

その他Galaxy Noteアプリは、下にキーボードなるので、文字通りノートPCのように使用することができる。 実用性は少し微妙ですが、いくつかのスマートフォンでスライド式ハードウェアキーボードを内蔵した機種もあるが、そんな感じの方法があるのだ。

このあたりは、スマートフォンでもないタブレットでもない折り畳みスマートフォンの新しい使い方と言えるだろう。

Galaxy Noteアプリは、下にキーボードなる

Galaxy Noteアプリは、下にキーボードなる

ハイエンドらしくカメラも高機能化

Galaxy Z Fold2では、カメラも高機能化している。 Galaxy Note20シリーズと同じ世代という扱いで背面の神秘青銅共通点があり、大型カメラユニットを搭載している点も共通点がある。

高機能化したカメラ。 トリプルカメラの性能も、ハイエンドのようなものでしたが、少し膨らんだもだと思います。カバーをするのがいいだろう

高機能化したカメラ。 トリプルカメラの性能も、ハイエンドのようなものでしたが、少し膨らんだもだと思います。カバーをするのがいいだろう

カメラスペック的にはトリプルカメラ超広角、広角、望遠の3つを搭載する。 画素数の両方1200万画素なので、Galaxy S20 / Note20世代では高画素センサーがないほどの機能は少し落ちる。

また、前モデルは超広角カメラが1600万画素だったので、Galaxy Z Fold2は画素数が減ったわけだ。 しかし、センサーサイズが同じであれば画素数が少ないのが画質面で有利な場合が多いので、問題はないだろう。

超広角撮影します。カッチリ描写見栄え

超広角撮影します。カッチリ描写見栄え

色のりも良く透明度は強化が明暗のバランス良い

色のりも良く透明度は強化が明暗のバランス良い

望遠倍率が不足するが、あるとないのとは大きな違いが便利

望遠倍率が不足するが、あるとないのとは大きな違いが便利

縦モードで背景ボケは一般的なパフォーマンスの印象

縦モードで背景ボケは一般的なパフォーマンスの印象

画質は、サムスンのような色の接着剤の利点と透明度の強さ

画質は、サムスンのような色の接着剤の利点と透明度の力でカチッとした描写をする。 多少わざとらしてもスマートフォンのような描写であるが、安定しバランスはいいだろう。 手ブレ補正も強力で、三脚の代わりに本体を置いて撮影すると、夜景でも安心して撮影できる。

メインカメラでトリプルスマートフォンモードであるカメラ、タブレットモードでのあるカメラとの合計5つのカメラを搭載したのも特徴であるが、タブレットモードでメインカメラで撮りことはGalaxy Z Fold2なら。 これも角度を固定して自立できるようになったため、メインカメラで撮りが容易になった。

本体を開いて、背面のメインカメラを自分に回すとカバーディスプレイを監視して、強力なメインカメラで撮りいる(写真左)。 カメラの右上にある「セルフポートレート」ボタンをタッチすると、開いた状態でカバーディスプレイがモニターされている(写真右)

本体を開いて、背面のメインカメラを自分に回すとカバーディスプレイを監視して、強力なメインカメラに撮り可能(写真左)。 カメラの右上にある「セルフポートレート」ボタンをタッチすると、開いた状態でカバーディスプレイがモニターされている(写真右)

ただし、Galaxy Z Fold2は20万円を超える高額装置であり、最上位クラスのカメラを搭載して良かったならはある。 現行とNote20 Ultraなどは1億画素以上のセンサーを搭載しているが、そこまでの機能はない。

中途半端な感じが残っているが、完成度の向上と新しい方法の提案に好感

Galaxy Z Fold2スマートフォンでもタブレットでも中途半端な感じが残っている。 スマートフォンの幅を広げ、16:10程度のタブレットになると、より簡単に利用できるようにも感じる。

折り畳み中間に固定することができるようにすることで、自立して、カメラやビデオ視聴などに便利になったのは、見逃せない。 新しい使い方ができ、折り畳みスマートフォンが日常的に使用できるようになったのはいい。

しかし、auでの販売価格は税込25万9980円。 2年分割払いで端末を返却する場合にも、実質負担金は税金が含ま15万5940円となる。 その価値を見つけるかどうかは難しい決定である。 使い勝手の向上などで完成度が増えた上、新たな方法の提案見ることができて、個人的に面白い端末だと思う。

サムスンは、ペンのスマートフォンのNoteシリーズを続けて常連化した。 同様に、折りたたみ式スマートフォンもラインナップに定評化してください。 “モニターを折り曲げる「重要ではありませんが、たたんでコンパクトになるということは、今後も引き続きもらいたい。

関連記事
サムスンの新しい試み “折りたたみスマートフォン」とは、定着するか?第1世代” Galaxy Fold」を振り返って
サムスンがスクリーンとヒンジを改善した新しい折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold 2」を発表
サムスンが折り畳みスマートフォンGalaxy Z Fold 2イベントを日本時間9月2日の深夜仮想開催
サムスンUnpackedイベントの整理、5GサポートNote 20やTab S7 2世代の折りたたみスマートフォンZ Fold 2などが登場
Galaxyの最新フラッグシップ折りたたみFold後継機は2月11日に発表か

カテゴリー:ハードウェア
タグ:Samsung /サムスンサムスンギャラクシーガジェット折りたたみスマートフォン/フォルダブルスマートフォンレビュー

READ  「朝7時にインターネットが突然つながらない」という怪奇現象が1年半の間続いた村は、その原因は? - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close