スポーツ

宮崎、ウィンブルドンのワイルドカードを獲得 – University of Oklahoma

ノーマン – OU卒業生のリリー宮崎(Lily Miyazaki)が2022ウィンブルドン本選対進票にワイルドカード出場権を受けました。

日本東京で生まれた宮崎は今年初め、イギリス国籍に転換し、イギリス国家代表に走った。 彼女はウィンブルドンで本選デビュー戦をする予定であり、これはオーストラリアオープンとフランスオープンに予選を通過した後、昨年第3メジャー大会出場を記録することだ。

彼女の履歴書に加えて、OUの卒業生は199位でWTA絶食ランキングの上位200位以内に聞き、2022年初めにW60 Grenobleで彼女の最初の$60,000タイトルを主張しました。

オクラホマ記録の本では、宮崎の名前はほとんどすべてのカテゴリーにあります。 彼女は現在シーズン絶食勝率6位、シーズン別競技8位、シングルシーズン勝率9位、通算勝率3位、通算勝率4位を記録しています。 また、彼女は2015年にBig 12の今年の新入生、2回のBig 12 Scholar Athlete of the Year、3回のAll-Big 12の選定、今年の地元の新人、NCAA Elite 90 Awardを受賞し、NCAA絶食選手権2回。

本選組抽選は6月27日月曜日に始まり、宮崎はフランスのキャロライン・ガルシアと絶食対決を繰り広げます。 その後、彼女は6月29日水曜日にサラベスグレーと対戦し、5番のシードアジアムハンマドとエナ・シバハラとダブルスの試合を繰り広げます。 ライブスコアリングが利用可能です。 ここ

アップデートの場合は、次の手順に従ってください。 @OU_Wテニス Twitterやいいね オクラホマ女子テニス Facebookで。

READ  イングランド主張レア・ウィリアムソン、日本、ノルウェーとの11月の試合にコロン、アーセナル監督確認

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close