経済

政府みずほ改善命令発令の可能性

日本の金融庁(Financial Services Agency)は、一連のシステムの欠陥に基づいてみずほフィナンシャルグループ(Mizuho Financial Group)とその銀行部門の事業改善命令を下すために最終調整をしている。

Mizuho Bankは2月末から2週間足らずの期間中、4つのシステムエラーを経験しました。 銀行カードと通帳が自動預け払い機に詰まって、顧客が現場で数時間を待たなければなら事件が発生しました。

8月には、システム障害で、全国の店頭取引も中止された。

今月、銀行の中核コンピュータシステムの誤作動で約100台のATMとインターネットバンキングサービスが停止しました。

管理者は、銀行がシステムをどのようにチェックし、修正したのか詳細レポートしたい。 同様の問題が再発しないように監督を強化する計画です。

関係者らはまた、約6ヶ月間継続されている銀行のチェックを続けて問題の原因と、これに対する経営陣の責任を究明する計画だ。

金融当局がみずほを相手にした第三の業務改善命令である。 機関は、2002年と2011年に大規模なシステム障害の銀行を処罰しました。

READ  トランプの主要な要求を満たすないまま承認-TikTok米国事業提携案 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close